人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの最新作「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」のトークイベント「ヤマトーク付き上映」が11月2日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、安田賢司監督、シリーズ構成、脚本の福井晴敏さん、脚本の岡秀樹さん、メカニカルデザインの明貴美加さんが登場した。「後章 -STASHA-」のキャッチコピーが発表されたほか、新カットが公開された。

 「前章 -TAKE OFF-」のキャッチコピーは「もう大人たちには期待しない。」だったのに対し「後章 -STASHA-」は「大人になどなりたくなかった」となることが福井さんの口から明かされ、「見れば納得。楽しみにしていただければ」と話した。

 公開された新カットの詳細は伏せられ、安田監督は「驚いたシーン」と語り、福井さんは「混乱するかも」と意味深な言葉を残した。

 「宇宙戦艦ヤマト」は1974年にテレビアニメ第1作が放送。「宇宙戦艦ヤマト2」「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」なども制作されてきた。第1作をリメークした「宇宙戦艦ヤマト2199」が2012〜14年、「2199」の続編「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が2017〜19年に劇場上映、テレビ放送された。「2205」は、「2202」に続き、福井さんがシリーズ構成、脚本を担当。「前章 -TAKE OFF-」が上映中。「後章 -STASHA-」が2022年2月4日に上映される。