アニメ「夜明け告げるルーのうた」「映像研には手を出すな!」などの湯浅政明監督が手がける劇場版アニメ「犬王」が11月3日、東京都内で開催中の第34回東京国際映画祭で上映され、湯浅監督が登場した。同作は、音楽が重要な要素の一つになっており、湯浅監督は「音楽は根源的。歌って踊って神様に見せるもの。興奮するところもある。自分が若い時、コンサートに行くと、立ちたくなって、立っていたけど、年を取ると、みんなが立つのを待つようになった。もっとみんなに踊ってほしい。試写を後ろから見ていて、なんでみんな動かないんだ!と思っていました」と語った。

 「犬王」は、作家の古川日出男さんが「平家物語」を現代語訳した「平家物語 犬王の巻」(河出書房新社)が原作。南北朝〜室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王、盲目の琵琶法師・友魚の友情が描かれる。「自分の名前を自分で決める」というのがテーマの一つになっており、湯浅監督は「どんな時代でも上がっていこうとして、状況に逆らい、自分で名前を決める。名前を決めるというのは自分の生き方の表明になっています」と話し、「人を理解するのはすごく難しい。その中で、どの人にもよき理解者がいた方がいいと思う。それがテーマにもなっている」と明かした。

 ロックバンド「女王蜂」のボーカル・アヴちゃんが犬王、俳優の森山未來さんが友魚の声優を務める。湯浅監督は、収録について「アヴちゃんが犬王になっていくような感じがしました」と話した。

 同作は、マンガ家の松本大洋さんがキャラクター原案、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などの野木亜紀子さんが脚本を担当する。大友良英さんが音楽を手がける。2022年初夏公開。