ヤマザキマリさんのマンガ「テルマエ・ロマエ」の新作アニメ「テルマエ・ロマエ ノヴァエ」で、津田健次郎さんが主人公・ルシウスを演じることが11月9日、分かった。ルシウスを描いたティザーアートも公開された。2022年にNetflixで配信される。11月9日に東京都内で行われた「Netflix Festival Japan 2021」で発表された。

 新作は、ヤマザキさんがシリーズ構成を務める。ルシウスはなぜ浴場設計師を目指したのか、原作の続編として描かれるという。イベントに登場した津田さんは、「すでに有名な作品で、かの有名なルシウスを演じさせていただけてびっくりしました」と心境を語っていた。

 「テルマエ・ロマエ」は、2010年に「マンガ大賞2010」と「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をダブル受賞したヤマザキさんのコメディーマンガ。古代ローマ時代の浴場限定の設計技師ルシウス・モデストゥスが、なぜか現代の日本の銭湯や温泉、浴槽にタイムスリップするようになり、風呂上がりのフルーツ牛乳やシャワー、あかすりタオル、シャンプーハットなどを知り、ローマで再現して名声を得ていく。

 2012年にテレビアニメ化され、阿部寛さん主演の実写映画も話題になった。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:畳谷哲也▽脚本:百瀬祐一郎▽音響監督:田中亮▽サウンドエディター:勝俣まさとし▽音響制作:ソニルード▽アニメーション制作:NAZ