1987〜88年に放送されたロボットアニメ「機甲戦記ドラグナー」のブルーレイディスク(BD)ボックスの三方背ボックスのイラストが公開された。アニメーターとして参加した大張正己さんがドラグナー1、2、3を描いた。ニュープリントマスターポジフィルムから2Kスキャンした全編フルHDリマスター映像と当時の映像を比較したPVもYouTubeで公開された。

 BDボックスは放送35周年を記念して2022年3月2日に発売。インナーケースは、キャラクターデザインを担当した大貫健一さんの描き下ろし。封入特典として、スタッフのインタビューを収録したスペシャルブックレットが付く。価格は5万5000円。

 「機甲戦記ドラグナー」は、「ガンダム」シリーズなどのサンライズが制作したテレビアニメ。地球連合軍と統一帝国ギガノスの戦争の中、中立コロニーのアルカードの学生のケーン・ワカバらが偶然、人型兵器メタルアーマーの次世代機・ドラグナーのパイロットになってしまう……というストーリー。