特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第11話「無敵のさくら、何のための力」が11月21日に放送される。

 悩みでもあるのか、最近様子がおかしいさくら(井本彩花さん)のもとに、何者かからドライバーとスタンプが届く。さくらは「何よ……これ」と驚く。

 新たなデッドマンが出現し、銀行が襲われる事件が発生。リバイ/一輝(前田拳太郎さん)とライブ/大二(日向亘さん)はそれぞれ変身し、デッドマンとの激しい戦いが繰り広げられる。そんな中、アギレラ(浅倉唯さん)がさくらに接近し、デッドマンズに勧誘する。さくらはアギレラに再び戦いを挑むが、またも軽くあしらわれる……。

 無力な自分が許せないさくらは、傷つきながらも戦いたいと言うが、一輝は「兄ちゃんたちに任しとけ」となだめるだけ。さらに、大二は強い口調で「さくらは甘いんだよ!」と突き放し、さくらは悔しさをにじませる。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。主人公・五十嵐一輝が大切な家族を守るため、内に宿る悪魔バイス(声・木村昴さん)と契約して仮面ライダーリバイに変身。悪魔バイスが変身する仮面ライダーバイスと共に、“一人で二人”のコンビの仮面ライダーリバイスとして、悪魔崇拝組織デッドマンズと戦う姿を描く。