「うたの☆プリンスさまっ♪」「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズで知られる音楽プロデューサーの上松範康さんが原作を手掛けるオリジナルテレビアニメ「ヴィジュアルプリズン」に出演する増田俊樹さん、蒼井翔太さんが、11月27日発売の女性ファッション誌「Oggi(オッジ)」(小学館)2022年1月号に登場した。増田さん、蒼井さんは、アニメで世界的に活躍するユニット「ECLIPSE」のディミトリ・ロマネ、ハイド・ジャイエをそれぞれ演じており、同号では白の衣装をまとい、気高さも垣間見えるツーショットを披露した。

 同誌では、9月28日発売の11月号から3号連続で「ヴィジュアルプリズン」を特集。3回目となる2022年1月号では、ECLIPSEに焦点を当て、増田さん、蒼井さんのインタビューが掲載された。蒼井さんは、ECLIPSEについて「ファンの皆さんにはそれぞれ“推し”ユニットがあると思うけど、僕たち演じるECLIPSEは三つのユニットの中でも個性が際立っているよね。ほかのキャラクターがフレッシュでみずみずしい分、『絶対的王者』としての彼らは演じていて魅力的だった」と話している。

 増田さん、蒼井さんは、プライベートでも親交があるといい、同号の対談では、アニメの見どころを語っているほか、演じたキャラクターと互いの性格を重ね合わせて深掘りした。

 「ヴィジュアルプリズン」は、ヴァンパイアたちが歌と仲間を通して、自身と向き合う姿を描く。孤独を抱えた主人公・結希アンジュは、故郷を離れて憧れのアーティストが活躍していた街・ハラジュクを訪れ、ヴィジュアル系ユニット「ECLIPSE」と「LOS†EDEN」のライブバトルに遭遇することになる。

 上松さん率いる音楽クリエーター集団・Elements Gardenが音楽を担当する。イラストレーターの片桐いくみさんがキャラクター原案を担当し、「ソードアート・オンライン」などのA-1 Picturesが制作する。TOKYO MX、ABC テレビ、WOWOW、BS11ほかで放送中。