「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の和久井健さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」が原作のテレビアニメ「東京リベンジャーズ」のスペシャルイベント「TVアニメ『東京リベンジャーズ』須辺謝留威弁斗〜東京卍會立川通凛愚〜」のビジュアルが11月30日、公開された。主人公の花垣武道(タケミチ)や松野千冬と、佐野万次郎(マイキー)、龍宮寺堅(ドラケン)ら東京卍會創設メンバーがツーリングの休憩中に団らんする姿が描かれた。半間修二役の江口拓也さんが、イベントの夜の部に出演することも発表された。

 イベントは、12月18日に立川ステージガーデン(東京都立川市)で開催される。昼夜の二部制。花垣武道役の新祐樹さん、佐野万次郎役の林勇さん、場地圭介役の水中雅章さん、松野千冬役の狩野翔さん、三ツ谷隆役の松岡禎丞さん、羽宮一虎役の土岐隼一さん、林良平役の野津山幸宏さん、半間修二役の江口さんが出演する。

 同作は「新宿スワン」などで知られる和久井さんが「週刊少年マガジン」で2017年に連載を開始。人生どん底のダメフリーターのタケミチが、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるためにリベンジする姿を描く。タケミチは、中学時代の恋人・ヒナタが、最凶最悪の悪党連合・東京卍會に殺されたことを知り、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープする。テレビアニメは、4〜9月に放送された。