セガゲームスの人気ゲーム「シェンムー」シリーズの「1」と「2」が、セットになって「シェンムー1&2」のタイトルでPS4向けに年内に発売されることが14日、明らかになった。東京都内で開かれたセガゲームスのイベント「セガフェス2018」で、セガホールディングスの里見治紀会長は「世界初のオープンワールドのゲームを現代のプラットホームでよみがえらせたい」とアピールした。

 「シェンムー」シリーズは、主人公の芭月涼が、父のあだ討ち、謎の手がかりを求めて壮大な冒険を繰り広げる……という内容。ゲーム内に箱庭世界を再現する「オープンワールド」を作り上げて話題になった。同シリーズの構想は11章仕立てになっており、1999年発売の「1」、2001年の「2」で、6章まで進んでいる。

 「シェンムー3」は、同作の生みの親で、「バーチャファイター」を手掛けたことでも知られるゲームクリエーターの鈴木裕さんが15年に米国のクラウドファンディングサービス「Kickstarter(キックスターター)」で資金を調達し、セガゲームスからライセンス使用許諾を得て、PS4とPC向けに制作を進めている。