高島は、太陽光発電システムやオール電化システムの電気工事を手がける新エネルギー流通システム(福岡県大野城市。売上高20億8000万円、営業利益△2600万円、純資産2億2500万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。長期持続的な成長基盤の確立につなげる狙い。取得価額は非公表。取得予定日は2022年12月1日。

温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」に伴う政府のグリーン戦略では、電気自動車やプラグインハイブリッド車に蓄えられた電力を家庭用電源に有効活用する「V2H」が重要施策の一つに位置付けられている。こうした流れをとらえ、エネルギーソリューション分野で工事機能の強化を目指す。

新エネルギー流通システムは2008年設立で、九州から東北に13支店を構える。