カヤックは、ビジネス書・社会書を中心とする英治出版(東京都渋谷区。売上高4億4400万円、営業利益7370万円、純資産2億9400万円)の株式99.9%を取得し、子会社化することを決めた。カヤックが強みとするエンターテインメントコンテンツの開発力と組み合わせ、ビジネス領域で新たな学習コンテンツの展開を検討する。英治出版は1999年に創業。取得価額は非公表。取得予定日は2024年2月29日。

生涯学習や、社会に出てからも教育機関に戻って学ぶリカレント教育、仕事上の技術・スキルを学び直すリスキリングに注目が集まる中、社会人向け学習機会の創出が新たなビジネスチャンスとして広がっているのに着目し、出版社を傘下に収める。

カヤックが取得する株式99.9%には同社社長の柳澤大輔氏が個人で取得する予定の株式約14%を含む。