ライブ「一唱入魂」の開催を発表したANYCOLORのニュースリリースより

ブイチューバーグループ「にじさんじ」を運営するANYCOLOR<5032>と、ユーチューバーのサポート事業を手がけるUUUM<3990>の間に開きが現れてきた。今期の売上高は両社とも200億円台となるものの、営業利益は6倍ほどに開く見通し。

UUUMが当初予想通りの業績で推移しているのに対し、ANYCOLORは「にじさんじ」や英語圏のブイチューバーグループ「NIJISANJI EN」が想定を上回る業績となったのに加え、経費は予定通りに推移しているためだ。

もともと営業利益率の高かったANYCOLORが一段と差を広げた格好で、業界を代表する両社の業績で見る限り、収益力の面ではブイチューバーの方に軍配が上がりそうだ。

販管費率に大きな差

ANYCOLORは2022年12月に、2023年4月期の売上高を当初予想の190億−210億円から15億−35億円引き上げ、225億円(前年度比58.9%増)に、営業利益も当初予想の55億1000万−65億1000万円から11億9000万−21億9000万円引き上げ、77億円(同83.7%増)に修正した。これによって売上高の200億円大台乗せが確実となり、利益も2倍近くに伸びることになった。

一方のUUUMの2023年5月期の売上高は270億−285億円の見込みで、増収率は14.5%−20.8%と2ケタの伸びを示す見込み。営業利益も11億−13億円の予想で、伸び率はやはり2ケタアップの13.2%−33.8%と決して低くはない。

新たなユーチューバーの獲得や育成、ユーチューバーを活用したプロモーションビジネスの拡大などに取り組んだ結果で、2023年5月第2四半期時点の業績は順調に進んでいる。

それでもANYCOLORと利益で大きな差がついたのは販管費の差だ。ANYCOLORの2022年4月期の販管費率(売上高に占める販管費の割合)は12.6%で、UUUMの2022年5月期の販管費率26.0%と比べると13.4ポイントも低かった。直近の決算でもANYCOLORの2023年4月期第2四半期の販管費率はわずか7.9%で、UUUMの2023年5月期の販管費率は27.3%だった。

UUUMは専属のユーチューバーを前年同期の303人から2023年5月期には188人に絞り込み、専属ユーチューバーの生産性を上げることで利益率を高める取り組みを展開したが、それでもANYCOLORには遠く及ばなかった。

UUUMの2022年5月末時点の従業員数は576人(平均年収は537万円)、これに対しANYCOLORの2022年4月末の従業員数は230人(同516万円)で、この面だけでも20億円近い差が生じる。

ブイチューバーはバーチャル ユーチューバーの略称で、アバター(自分の分身となるキャラクター)を用いてユーチューブなどの動画サイトで情報を発信する人たちを指す。本人の顔をネットに出さなくてもユーチューバーなれるのが大きな特徴だ。

ライブコンサートなどを開催する場合でも、実際のホールなどを用意する必要がないため、コストを低く抑えることができる。業績の差は今後ますます広くことになるのだろうか。

関連記事はこちら
・【UUUM】ユーチューバーらとともに新しいビジネスの創出に挑戦

M&Aにも積極的

UUUMは2013年にユーチューバーの動画を利用したオンライン販売事業を手がける企業とし創業。2018年にマーケティング事業を手がけるレモネードを吸収合併したあと、2020年に吉本興業からマルチチャンネルネットワーク運営権の一部を取得。さらに同年には実験が運営するソーシャルアプリ「FOLLOW ME」事業を取得するなどM&Aに積極的。

一方、ANYCOLORは2017年に設立。翌年にブイチューバーグループ「にじさんじ」の活動を開始した。その後、中国、インドネシア、インド、韓国で、ブイチューバーグループを立ち上げ、2021年には英語圏でブイチューバーグループ「NIJISANJI EN」の活動を開始した。

UUUMの沿革
2013 東京都渋谷区でON SALEを設立
2013 uuumに社名を変更。クリエイター専門のマネジメントプロダクション事業を開始
2014 UUUMに社名を変更
2017 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2018 カプセルジャパンと資本、業務提携
2018 チョコレイトと資本、業務委託契約を締結
2018 マーケティング事業を手がけるレモネードを吸収合併
2018 ガーブーと資本、業務委託契約を締結
2019 ピースオブケイク(現note)と資本、業務提携
2020 吉本興業からマルチチャンネルネットワーク運営権の一部を取得
2020 実験が運営するソーシャルアプリ「FOLLOW ME」事業を取得
2021 Samurai工房と資本業務提携


ANYCOLORの沿革
2017 いちからを設立
2018 ブイチューバーグループ「にじさんじ」の活動を開始
2018 ゲーム配信に特化したブイチューバーグループ「にじさんじゲーマーズ」の活動を開始
2019 中国でブイチューバーグループ「VirtuaReal Project」の活動を開始
2019 インドネシアでブイチューバーグループ「NIJISANJI ID」の活動を開始
2019 インドでブイチューバーグループ「NIJISANJI IN」の活動を開始
2019 韓国でブイチューバーグループ「NIJISANJI KR」の活動を開始
2021 インドのブイチューバーグループ「NIJISANJI IN」の活動を休止
2021 ANYCOLORに社名を変更
2021 英語圏でブイチューバーグループ「NIJISANJI EN」の活動を開始
2022 インドネシアの「NIJISANJI ID」と韓国の「NIJISANJI KR」を「にじさん」に統合
2022 東京証券取引所グロース市場に株式を上場

文:M&A Online編集部