ヤフーは、10月よりインストリーム広告の広告配信プラットフォームを米Videologyのものに移行した。これにより、映像配信サービス「GYAO!」などの動画コンテンツ内に複数のビデオ広告の連続配信が可能になる。

 ヤフーは、ビデオ広告領域において、インストリーム広告の広告配信プラットフォームを、10月より、米Videology(以下、Videology)のプラットフォームに移行した。現在ビデオ広告市場の成長に合わせ、動画活用へのニーズが高まる一方、優良なオンラインビデオ広告の在庫不足は、日本のビデオ広告市場における課題のひとつになっている。

 その中で、Videologyでは動画コンテンツ内の広告枠の時間を認識し、その時間内に複数のビデオ広告を連続配信できるプラットフォームを提供している。また競合するクリエイティブを避ける機能も搭載しており、ブランド価値の保護とビデオ広告の在庫量増加が見込めることから今回の移行に至った。同プラットフォームはヤフーの各サービスおよび映像配信サービス「GYAO!」の動画コンテンツ内の広告枠に導入される。

MarkeZine編集部[著]