ユミルリンクは、同社が提供するメール配信システム「Cuenote FC」にABテスト機能、IDリスト連携機能などのマーケティング機能を追加した。

 ユミルリンクは、本日7月19日、同社が提供するメール配信システム「Cuenote FC」にマーケティング機能を強化した最新版の提供をスタートした。

 今回「Cuenote FC」に追加された機能は、ABテスト・IDリスト連携・ディープリンク効果測定の3つだ。ABテストの機能では、テストを実行する割合と評価基準を事前に設定することでABテストのプロセスを自動化することが可能に。IDリスト連携では連携に関わる開発負担を軽減し、マーケティングツールと自社データベースとの連携を可能とする。また、ディープリンク効果測定機能により、モバイルアプリ内の特定ページに直接遷移するためのリンクに対する効果測定もできる。

 PDCAサイクルにおいて評価と改善のプロセスを実行する際、運用負担が増大してしまう課題を受けて、同社は今回の機能強化に至った。同社は、ABテストの実行プロセスを自動化することで運用負担を軽減し、メールマーケティングにおけるPDCAサイクルの高速化を実現する。

MarkeZine編集部[著]