ヒトクセのネイティブアド配信プラットフォーム「カメレオン」に、新機能「オートカメレオン」が追加された。同機能は、遷移先のLPの情報を解析し、ネイティブアドで用いる文言を自動で生成することができる。

 動画広告やネイティブ広告、リッチメディア広告の配信プラットフォームを提供するヒトクセは、広告主向けネイティブアド配信プラットフォームであるカメレオンの追加機能、「オートカメレオン」を7月19日にリリースした。

 同機能では、広告入稿の際に遷移先URLを入力すると、ページ情報を解析し、ネイティブアドで用いる文言を自動で生成することができる。この機能により、クリエイティブ入稿の際にタイトルや説明文を考え、入力する手間が大幅に削減され、より効率的な広告入稿が可能となる。

 同社は今後、蓄積したデータをもとに、AI技術を用いて、入力する文言の想定CTRを予測し、自動生成の精度を向上させていく予定だ。

MarkeZine編集部[著]