ウォンテッドリーは、同社が提供する名刺管理アプリ「Wantedly People」において、登録情報に基づいて名刺交換相手の企業や業界に関連する情報などを自動で収集する新機能を追加した。

 ウォンテッドリーは、同社が運営する名刺管理アプリ「Wantedly People」にて、登録した名刺データの企業や業界に関連する情報を提供する新しい機能をリリースした。なお同アプリでは、ノアドットが提供するコンテンツ流通のプラットフォームサービス「nor.」が導入された。

 同アプリは、名刺をスマートフォンのカメラで読み取りデータ化できる、名刺管理アプリ。今回の追加された新機能では、名刺交換相手の企業・業界に関連する情報をはじめ、ユーザーが所属する企業・業界の情報、トレンドのニュースなどを、名刺の登録日や検索情報をもとに自動で収集する。これによりユーザーは、業界にまつわる情報も得られるため、名刺交換した相手との人脈構築に役立てることができる。

MarkeZine編集部[著]