CyberZに、新組織「Video Creative Lab」が設立された。スマートフォン向け動画広告の製作体制を強化することを目的に立ち上げられた組織で、第一弾として動画の納品や修正が高速で行える動画サーバーシステム「Zinnia」の開発・導入を行った。

 サイバーエージェントの連結子会社でスマートフォン広告(以下、スマホ広告)事業を行うCyberZは、スマホ広告に特化した動画制作専門組織「Video Creative Lab」(ビデオクリエイティブラボ)を設立した。

 国内の動画広告市場規模は、2016年に735億円、2017年に880億円と急成長が予測されている(※)。同社はこれまでも様々なネット広告におけるソリューションを提供してきたが、動画広告関連市場の成長性を重視し専門組織を設立するに至った。

※2014年10月発表「動画広告市場調査」サイバーエージェント/シード・プランニング調べ、https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=9392

 今回新設した組織では第一弾として、動画制作における動画の納品や修正が高速で行える動画サーバーシステム「Zinnia(ジニア)」を開発・導入した。これまで動画素材を扱う上で負荷がかかっていたシステムを独自の手法で改修し、これまでの5倍の速さで動画素材を扱えるようになった。同組織は今後も動画広告制作の体制強化を推進する。

MarkeZine編集部[著]