Candeeとプラスディーは、デジタル制作・動画制作領域において業務提携契約を締結。これにより、動画制作の協力体制強化を図るとともに、ライブ配信や海外向けの配信など新たなサービス展開を企画する。

 モバイル動画を軸に、メディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業を展開するCandeeは、デジタルコンテンツをはじめとする広告制作、映画および映像制作、コミュニケーションプランニング事業および、地方創生関連事業などを展開するプラスディーと、デジタル制作・動画制作領域において業務提携契約を締結した。

 プラスディーは、近年ではWebと映像を用いたプロモーション活動や、ECサイトの制作・運営のノウハウを活かし、「地方創生」を目的とした事業にも注力している。

 一方Candeeは、設立2年で動画配信1,300本以上、特にライブ配信においては500本以上の実績を培ってきた。デジタル領域に特化したライブ配信ならではの企画や配信技術、キャスティングに関する知見とノウハウを持つ。

 今回両社が業務提携することにより、動画制作の協力体制強化だけでなく、地方PR動画の新たなサービス展開を共同で企画し地方創生の促進を目指す。ライブ配信を活用することで、地方と世界をリアルタイムにつなぐことができ、コミュニケーションも可能になる。地方の魅力を世界に届けるPR動画とライブ配信を組み合わせることで、ブランディング戦略とインバウンド需要を視野に入れた地方創生の促進・PR活動への取り組みを強化していく。

MarkeZine編集部[著]