Supershipは、電通と共同で提供する「電通PMP」の広告メニューの1つとして、新たにPCに対応した「ゲート広告」の取り扱いを開始した。

 KDDIのグループ会社であるSupershipは、電通と共同で提供する「電通PMP」の広告メニューの1つとして、新たにPCに対応した「ゲート広告」の提供をスタートした。

ゲート広告イメージ画面

 「電通PMP」は、250以上の媒体社が参画する、ブランド毀損や低ビューアビリティリスク、アドフラウドなどに配慮したアドプラットフォームだ。今回新たに提供を開始した「ゲート広告」は、TOPページをブランドの世界観でジャックするため、強いインパクトを与えることが可能。また広範囲で表示されるためユーザーの目に留まりやすく、広告主はブランディングに貢献する広告を「電通PMP」に参画するプレミアム媒体で配信することができる。

 Supershipは今後、アドプラットフォームの拡大を通じて、企業のデジタルマーケティング活動を支援し、媒体社の収益最大化サポートしていく。

MarkeZine編集部[著]