サイバー・バズは、企業が運営するInstagramアカウントの運用代行サービスを開始した。具体的には、投稿代行・UGC制作投稿代行・サーチ投稿代行・イベントキャンペーン代行を実施。効果分析については自社開発の分析ツールでレポートを提供する。

 サイバーエージェントの連結子会社で、ソーシャルインフルエンサー事業を展開する株式会社サイバー・バズは、企業が運営するInstagramアカウントの運用代行サービスを開始した。

 クリエイティブ画像やテキストの投稿、ハッシュタグ設計や効果検証を行うほか、既にInstagramに投稿された写真の中から優れた画像を選定し利用承諾を得たうえで投稿するなど、企業のニーズに合わせてアカウント運用を代行する。

 「アカウント運用はやりたいが、どんな投稿をすれば効果があるのかわからない」「効果分析まで手が回らない」といった広告主の課題を解決する狙い。

 なお、本サービスに含まれる主な機能は下記の通り。



●投稿代行

効果指標などのヒアリングを行った後、運用プランを立案し、投稿するテキストやハッシュタグの設計・配信・レポートを代行する。



●UGC制作投稿代行

同社がネットワークしているインスタグラマーを活用し、ユーザー自身が撮影した写真を投稿。広告色を排除したユーザー視点のクリエイティブ画像を配信する。



●サーチ投稿代行

既にInstagram上に投稿されている写真の中から、与件に適した写真を選定し、ユーザーへの利用承諾を得たうえで投稿する。



●イベント・キャンペーン代行

Instagramを中心としたプレゼントキャンペーンやイベント招待において、参加者の選定・個別のDM送信・個人情報の取り扱いなどについて、運用を代行する。

 配信結果については、自社開発のInstagram分析ツールである「i-Analyzer」にてレポーティングを行う。延べリーチフォロワー数・総いいね数・総コメント数といった施策のサマリーに加え、投稿別の詳細レポート、関連ハッシュタグ分析、競合分析などが可能となっている。

MarkeZine編集部[著]