ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、ランドスケイプが保有する全国820万拠点、国内拠点網羅率99.7%の企業データベース「LBC」を活用した、新しいBtoBターゲティング広告の提供を開始した。

 本サービスは、Yahoo! JAPANの検索や閲覧サイトの履歴、Yahoo!ショッピングの購買履歴と、ランドスケイプの保有する企業の業種や規模(売上高、従業員数など)の企業データ、さらに企業データに紐付いたIPアドレスを連携する。

 DMPを用いたターゲット広告配信は、マーケットに存在する潜在顧客に広く広告をリーチすることができる。しかし、デジタルマーケティングにおけるBtoBターゲティングは、インターネットサービスでの行動(検索や閲覧)などのデータからターゲット企業郡を特定することが難しく、BtoCのターゲティングと比較すると難易度が高いことや、ターゲティングの精度を求めるほど大規模なリーチが取れないといった課題があった。

 本サービスは、IPアドレスを用いることで、広告を訴求したいターゲット層のデバイスが職場なのか、職場以外なのかを推測することができ、「LBC」が保有する企業データを掛け合わせることで、BtoBの広告訴求が高い精度で可能となる。

MarkeZine編集部[著]