モバイル計測や不正防止を支援するadjust(アジャスト)は1月17日に、モバイルマーケティングプラットフォームのAppLovin(アップラビン)と連携し、Adjustの広告収益レポート機能をAppLovinが提供するアプリ内の広告入札システムMAXに拡張することを発表した。

 これにより、両サービスを使用するマーケティング担当者は、アプリ内広告に接触したユーザーによる収益を計測できるようになる。この機能は、リターゲティングキャンペーンの最適化と、ユーザーのLTVの正確な測定を支援するものだ。

 Adjustの広告収益レポートは、広告収益データをユーザー獲得のソースに結びつける機能。ユーザーのプライバシーに準拠した方法で、LTVとユーザー1人当たりの平均収益額(ARPU)を正しく測定できる。マーケターはより正確なデータを取得し、アプリユーザーにより効果的でパーソナライズ化された広告を提供できる。

 AppLovinのデータによると、MAXを使ったアプリ内広告によりARPDAU(デイリーアクティブユーザー1人当たりの平均収益額)が平均10〜30%増加し、マニュアル作業にて広告の収益化を最適化する時間が短縮される。

MarkeZine編集部[著]