神田 ランチ ランキング ベスト5!11時半を過ぎると、街はビジネスマンやOLであふれかえる。それだけに昼ごはんの価格はワンコインが当たり前なのが神田の最大の特徴だ。東京都内でも屈指の激戦エリアで、安くて美味しい店を求めて右往左往。結果、衝撃の安ウマメシが見つかりました!

東京都内でも屈指の激戦エリア「神田」で、安くて美味しい店を求めて右往左往。結果、衝撃の安ウマメシが見つかりました!

第一位 神田 木花(このはな)のランチ

神田でこの定食が700円!名割烹のランチに驚愕間違いなし  この定食が700円!?と誰しも感嘆の声を上げるハズ。揚げたての天ぷらに、炭火で焼いた魚、築地から仕入れる新鮮な刺身と、職人の技を感じる小鉢など、種類豊富なおかずの数々に、どれから箸をつけようか迷ってしまう。ふっくら炊きたてのご飯とダシの利いた味噌汁はお替わりも可能という、いたれりつくせりの内容だ。『なだ万』など、名だたる名店で腕を磨いた、総料理長の月山さんは、ランチといえども一切妥協なし。確かな食材を使用し、手間ひまかけた料理で迎えてくれる。また、夜も全国各地から集めた銘酒と四季折々の食材で作る佳肴を揃えた、この街きっての名店だ。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3409

写真:気まぐれ定食 700円

内容は日替わりだが、おかずは天ぷら、焼き魚、だし巻き玉子、刺身、小鉢、お新香が付く。この日はナスの天ぷらと、海老の変わり揚げ。焼き魚は炭火で焼いた皮目の香ばしい新サンマだ。

内容は日替わりだが、おかずは天ぷら、焼き魚、だし巻き玉子、刺身、小鉢、お新香が付く。この日はナスの天ぷらと、海老の変わり揚げ。焼き魚は炭火で焼いた皮目の香ばしい新サンマだ。

美味しさの理由 精米したてのあきたこまちを羽釜で炊いたご飯は感涙モノのウマさ! しかも少量ずつ分けて炊くので、いつでも炊きたて。

[酒]ビール生594円、中瓶648円 焼酎グラス594円〜、ボトル3456円〜 ワイングラス540円、ボトル2160円〜 日本酒1合810円〜 [その他のメニュー]昼天婦羅定食900円、炭火焼魚定食850円、お刺身定食950円 夜牛タン葱塩ポンズ756円、鮭ハラス自家製スモーク1026円、子持昆布串揚げ(二本)756円、本鮪レアカツ1404円、てんぷら盛り合わせ972円など

[店舗情報]

たった700円の定食に、ここまでこだわるとは! と頭が下がる。ホールスタッフの接客も良くて居心地も抜群。13時以降なら行列せずに入れることが多い。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3409

写真:神田 木花の店内

[住所]東京都千代田区内神田3-5-3 矢萩第二ビル1階 [TEL]03-3254-4533 [営業時間]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜23時(22時LO)、土16時〜22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター7席、テーブル69席 計76席/昼は全席禁煙、夜は全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可/サなし、夜のみお通し代432円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩3分

https://matomeshi.jp/articles/3409

第2位 トラットリア Maccoのランチ

食べ放題の“ポップオーバー”付きでお昼は行列必至の繁盛店  まるでステーキのように分厚くスライスされたローストビーフがスペシャリテ。これを求めて夜は数週間先まで予約でいっぱいという、神田屈指の人気店だ。昼時はいつも行列で、客の多くが注文するのが「パスタランチ」。たっぷりのサラダに、モチモチ食感の生パスタ、さらに食べ放題の“ポップオーバー”(ロールパンの一種)が付く。シュー生地を思わせるサクサク感と香ばしさで、ついつい何個でも手が伸びる。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3410

写真:パスタランチ(渡りガニのトマトクリームスパゲッティ) 1030円

グリルした渡りガニを香味野菜とトマトソースで煮込んで、風味と旨みを凝縮したソースが絶品!

[酒]ビール生520円 焼酎なし ワイングラス750円〜、ボトル2900円〜 日本酒なし [その他のメニュー]昼サラダランチ8 5 0円 夜牛リブロースのローストビーフ100g1200円(200g〜)、プーリア産ブラッティーナ&生ハム2200円、特製ミートパイさつまいもマッシュ添え1550円、トリッパのトマト煮込みオーブン焼き1240円など

[店舗情報]

まず運ばれてくるたっぷりのグリーンサラダがうれしい。5、6種類からチョイスできるパスタは、ソースの美味しさもさることながら、麺自体の風味も抜群だ。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3410

写真:トラットリア Maccoの店内

[住所]東京都千代田区内神田1-16-12 青木ビル1階 [TEL]03-3518-9662 [営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時半〜23時(22時LO)、土17時〜23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター6席、テーブル2席×2卓、4席×5卓 計30席/全席禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし、コペルト520円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩8分

https://matomeshi.jp/articles/3410

第3位 すゞ太郎のランチ

もはや大衆魚とは言わせない!極上のイワシのウマさに開眼  たっぷり脂がのったいわし刺身をホカホカご飯と食せば、身からあふれる繊細な甘みに思わずのけぞる! ここは神田で25年以上営業を続ける、イワシ料理の専門店。鮮度が命のイワシは、毎朝店長が築地に足を運び北海道から三重県まで、季節ごとに産地を変え、常に極上のものを仕入れている。夜はこれを使った「なめろう」、「さんが焼き」、「納豆和え」などなど、イワシの魅力を引き出したつまみが勢揃い。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3411

写真:イワシ刺定食 790円

鮮度を大事にするため、基本的にその日仕入れた分は、その日に使い切る。

美味しさの理由 暑い時期に旬を迎えるイワシは、皮の下に真っ白な脂がびっしりとのって、甘みも最高!

[酒]ビール生580円、中瓶550円 焼酎グラス450円〜、ボトル2700円〜 ワインなし 日本酒グラス460円〜 [その他のメニュー]夜いわし刺身690円、いわし炙り刺身730円、いわし梅煮700円、いわし白焼き690円、いわし梅干天ぷら690円、いわし南蛮漬け650円、冷やし茄子しらす掛け550円、骨せんべい380円など

[店舗情報]

「イワシってこんなに美味しかったっけ?」思ったほど味が抜群で、コスパも高い。イワシと季節の魚介の刺身をセットにした定食もアリ。13時以降が狙い目

出典:https://matomeshi.jp/articles/3411

[住所]東京都千代田区内神田3-22-4 [TEL]03-5207-2600 [営業時間]11時半〜14時(13時45分LO)※ご飯が無くなり次第終了、17時〜22時半(22時LO)、土・日・祝17時〜22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休(土・日・祝、不定休あり) [席]カウンター5席、テーブル24席 計29席/昼は全席禁煙、夜は全席喫煙可/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし、お通し代400円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩2分

https://matomeshi.jp/articles/3411

第4位 江戸牛のランチ

ご飯&スープ食べ放題のガテン系!超おトクな昼焼き肉を発見!  パワーチャージしたい、そんなランチに焼き肉はいかがだろう? 780円で食べられるのが、厳選した国産牛140gに、セルフで食べ放題のご飯とスープが付く満腹必至の定食だ。切り落としには、肩ロース、バラ、内モモなど数種類の部位をミックスし、赤身と霜降りの両方を楽しめるのがうれしいポイント。夜は上質な黒毛和牛の様々な部位を、カウンター寿司のように1枚ずつ注文できるサービスが人気。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3412

写真:切り落とし(並盛) 780円

ロースターに肉をのせれば、食欲を刺激する香りが立ち上がる。タレは塩・甘口・辛口の3種類。牛肉の質にはトコトンこだわり、どれも値段以上の満足度だ。

出典:https://matomeshi.jp/articles/3412

写真:大人ランチ盛り(並盛) 1180円

分厚くカットされたハラミ180gと、夜の人気メニューのローストハツを盛り合わせている。ハラミからあふれる力強い旨みがたまらない。

[酒]ビール生421円 焼酎グラス518円、ボトルなし ワイングラス410円、ボトル3218円〜 日本酒1合518円〜 [その他のメニュー]昼おすすめ三種盛り(並盛)980円、牛すじ煮込500円、和牛カルビ特選盛り(並盛)1280円 夜ザブトン540円、ブリスケ216円、カブリ216円、友三角540円、国産牛ロース216円、シマチョウ54円など

[店舗情報]

ランチメニューでも焼き物が充実。A4・A5ランクの黒毛和牛のカルビを味わえる定食は1280円〜とおトクで、こちらもオススメ! 14時以降はすぐに入店可

出典:https://matomeshi.jp/articles/3412

写真:江戸牛の店内

[住所]東京都千代田区内神田2-10-9 村木ビル1階 [TEL]03-3258-2909 [営業時間]11時〜23時半(23時LO)、日・祝11時〜22時半(22時LO)※ランチメニューの注文は16時まで ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター5席、テーブル14席 計19席/全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩4分

https://matomeshi.jp/articles/3412

第5位 和ガリコ 神田店のランチ

厚さやタレにこだわった豚丼がワンコイン!  鹿・雉・猪など、多彩なジビエ料理が自慢の肉割烹が、ランチは豚丼で勝負をかける!  厳選した豚バラ肉をこだわりの厚さ、7mmにスライス。醤油や黒蜜、そしてカラメルを加えてコクと深みを持たせた特製ダレに漬け込み、さらにそのタレを絡ませながら焼き上げる。あっさりとした脂のコクと、炭火焼きならではの香ばしさが相まって、ご飯がワシワシ進むこと間違いナシ!

出典:https://matomeshi.jp/articles/3413

写真:炭火豚丼 500円

豚バラ肉からほとばしる濃厚な旨みに、継ぎ足して作るタレが相性抜群! これにご飯の大盛りは+100円、肉増しは+200円。お新香とスープはセルフでお替わり自由。テイクアウトも可。

炭を使ってタレを絡めながら丁寧に焼くことで、食欲をそそる香ばしさを生んでいる。

[酒]ビール生410円、大瓶702円 焼酎グラス518円〜、ボトル2700円 ワイングラス540円、ボトル2700円〜 日本酒1合540円〜 [その他のメニュー]夜猪西京味噌漬け焼き1026円、雉タタキネギまみれ1026円、うさぎ汁810円など

[店舗情報]

神田に数あるワンコインランチの中でも、特にイチオシ! あっさりとした豚肉とコク深いタレの相性が絶妙だ。穴場の時間帯は1 1時半のオープン直後

出典:https://matomeshi.jp/articles/3413

写真:和ガリコ 神田店の店内

[住所]東京都千代田区内神田3-9-8 [TEL]03-6206-8883 [営業時間]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜24時(23時半LO)、土・日・祝17時〜24時(23時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター4席、テーブル36席 計40席/昼は全席禁煙、夜は全席喫煙可/夜のみ予約可/夜のみカード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩2分

https://matomeshi.jp/articles/3413

他エリアより断然お値打ち!神田エリアは遠くから歩く価値あり

平均800円で味わう極上の昼メシ 編集・戎「神田って、スゴい街でしたね。他の街よりランチの価格設定がイヨウに安い!」 ライター・菜々山「神田でランチに1000円以上かけるなんて貴族だよ」 戎「貴族って(笑)。でも、それだけ価値のある1000円超えランチが『Macco』だと」 菜「そうなの! 他の街だったら1500円以上の内容だと思う。大手町とか近隣のエリアからも、短いランチタイムにも関わらず、お客が歩いてやってくるんだって」 戎「へえ。ボク的には『木花』ですね。いちばん最初の調査で居酒屋『K』の500円定食を食べたじゃないですか。その時は『これならアリでしょ』と思ったんですが、+200円であのクオリティの料理が出てくるなら、迷わずこっちを選びます」 菜「そうだよね。やっぱり腕のある料理人が作っているから、小鉢ひとつとってもお味が上等だよね。しかも羽釜で炊いたご飯がたまらない!」 戎「それはそうと、神田ってワンコインランチをやっている店がめちゃくちゃ多いですよね」 菜「ビックリするくらいあるよね。何軒も食べてみたけど、『和ガリコ』の豚丼がいちばんという結果になった」 戎「わかります。ワンコインだと、冷凍食品を使っている店もあるじゃないですか。ここはタレにも焼き方にも自信を持ってやっていましたね」 菜「あとね、『すゞ太郎』のイワシの刺身定食は、ぜひ旬で脂が超のっている今の時期に食べてほしい」 戎「男性目線で語らせてもらうと、やっぱりご飯が食べ放題って魅力なんですよね〜。そうすると、『江戸牛』はガッツリいきたい時にピッタリです」 菜「とにもかくにも、今回の調査で、神田のランチは、街全体として、コストパフォーマンスの高さがハンパじゃないってことがよ〜くわかった!」

激安ランチ激戦区「神田のランチ」MAP

● 第一位 神田 木花(このはな)のランチ ● 第2位 トラットリア Maccoのランチ ● 第3位 すゞ太郎のランチ ● 第4位 江戸牛のランチ ● 第5位 和ガリコ 神田店のランチ