ホルモン料理がソウルフード。 そういっても過言ではないほど、いま大正ではホルモン店に脚光が再びあたっている。常に満席の人気店もあるなか、少し異質なホルモン店が今から1年と3ヵ月前にオープンした。 その名も「TAISHOU酒場1988」だ。

osaka_messi_title_00_1575266244

ホルモン料理激戦区、大正で激震が走る!? イタリアンレストランのシェフがホルモン料理屋に転身! このホルモン、最高にやばうま


ホルモン料理がソウルフード。

そういっても過言ではないほど、いま大正ではホルモン店に脚光が再びあたっている。

常に満席の人気店もあるなか、少し異質なホルモン店が今から1年と3ヵ月前にオープンした。

その名も「TAISHOU酒場1988」。

駅から徒歩で約5分。

歓楽街からは少し離れた場所にある。


mato_osaka_066_image20_1575266356
なにが異質かというと、シェフがイタリアン出身だからだ。

しかも、バルではなく本格的なレストラン。

キャリアは6年という。

「ちょうど、暇していたときにオーナーにたまたま誘われて、ここで勤めるようになったんです」


mato_osaka_066_image21_1575266409
こう話しながら調理。

ワンオペなので、一人忙しいのだ。

まずは、「定番ホルモン」(380円)と「アカセン」(380円)を。

mato_osaka_066_image22_1575266457
定番ホルモンは脂がジューシーで、タレの粘度が高い。

すりおろしたニンニクと果物も入っているとみた。

「リンゴとレモンも入ってます」

素材を生かすのが和食ながら洋食風に若干アレンジ。

イタリアンもニンニクが多い料理で、調味料の配合が絶妙なのだ。

mato_osaka_066_image23_1575266498
「アカセン」は、塩でオーダー。

このコリコリとした食感やばうま。

それでいて身が程よい具合にかみ切れるから、鮮度が良いのだろう。

続けて「ふでのポテサラ」(380円)と、おススメの「鶏唐揚げ(大)」(580円)を注文。

さすがは元イタリアンシェフ。

バターを入れて上にはパセリ。

じゃが芋の切り方もスライスされた大きめ。

なじみがないが、ひと口食べるとこりゃ、タマらん……。

箸が止まらなくなる旨さだ。

mato_osaka_066_image24_1575266576
「上に載せる具材が日替わりです。今日はカニカマですね」

「鶏唐揚げ」はさらにニンニクが香ばしい。


イタリア料理で嗅ぐあの香りだ。


mato_osaka_066_image25_1575266623
肉をニンニク入りのタレで漬け込んでいても、ココまでは匂わない。

それほど唐揚げ全体にいきわたっている。

もちろん、味も申し分なし。ぺろりと平らげてしまった。

「大正は今後、福島のように活況する」

そう言う人もいるが、あながち間違っていないかもしれない。

mato_osaka_066_image26_1575266710 TAISHOU酒場1988
[住所]大阪市大正区泉尾1-1-4
[TEL]なし
[営業時間]17:00〜25:00
[定休日]水曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。