容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!

tanaka_title_T_01_1580567057

ふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! ダイソー「ふりふりクリームメーカー」


容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる!

かわいくデコレーションできちゃう!!

『素早く!』という言葉に魅かれて、ダイソーで見つけたので買ってみたばい!!

製造しているのは、前回紹介した「ツナ缶スプーン」と同じ、”小久保工業所“。

これは、期待できるかも!?

mato_Goods_042_bottle_04_1580567363 ふりふりクリームメーカー(ダイソーで購入)
100円(税別)
サイズ:172×55×55mm
本体:ポリエチレン
フタ・絞り口:ポリプロピレン
耐冷・耐熱温度:−20〜60℃
容器容量:約230ml
小久保工業所/日本製


mato_Goods_042_bottle_02_1580567409 中身は、
シンプルなボトルと、フタ。

mato_Goods_042_futa_01_1580567472 ちなみに、フタは
星型スリットの入ったボトルのフタと、
キャップの、2つに分かれる。


用意するものは、約100mlの生クリームと砂糖のみ。


mato_Goods_042_cleam_01_1580567581 ホイップクリームの
材料は、この2つ。


用意した材料を、ボトルの目盛り線の位置まで入れる。



mato_Goods_042_pudding_03_1580567704 目盛り線は、
ちょうど100mlのところらしい。


ちょうど、100mlの生クリームが販売されているので、全部入れました!!

ちなみに、砂糖は適当らしい〜。

“適当〜”って……笑。

今回は、グラニュー糖を10g入れてみたばい。

mato_Goods_042_pudding_02_1580567839 そして、フタをします。


しっかりフタを締め、指でおさえながら、3〜5分程度すばやく振って泡立てる。

mato_Goods_042_pudding_04_1580567935 ちゃんとフタをおさえて……。


シャカシャカシャカと3分。

セットしていたタイマーが、ピピピ〜ッ〜っと。


mato_Goods_042_pudding_3m_1580567993 シャカシャカ、
3分経過の状態。


こんな感じ。

まだ液体です。


追加で、2分やってみたばい。


シャカシャカシャカ。

少し、中身が固まってきているのか、重みが感じられてきたころに、タイマーがピピピ〜ッ〜!

お皿に出してチェックしたばい。

mato_Goods_042_pudding_5m_1580568053 シャカシャカ〜っと
計5分。


あと、少しかなぁ〜?

2分タイマーセット。

追加の追加、1分ぐらいで、だんだんシャカシャカの動きがなくなってきて……。

お皿に出して、再チェック!

mato_Goods_042_pudding_6.5m_1580568260 今度は、絞り出して
チェックしたばい!


トータル6分半ぐらいで完成。

ちゃんと、波になってる!!


かわいい〜♪


振るだけで完成する。

コレ、よかばい。

今までは、泡立て器かハンドミキサーでやっていたのが、容器に入れて振るだけ。

ちなみに「生クリームの温度や気温により、泡立て時間は異なる」そうです。


mato_Goods_042_pudding_01_1580568445 プッチンプリンと果物にホイップクリームをのせた「プリンアラモード」


生クリームのせただけで、かわいくデザートができたばい。


そして、使いきれなかった場合は、フタを下にして立てられるけん、冷蔵庫で保存もできてよかばい。

mato_Goods_042_cooker_01_1580568590 冷蔵庫では、
フタをスタンド代わりにして
保存ができる。


ただ、最後、残りあと少しというぐらいの量は、開けてスプーンですくい取るしかなかばい。

これは、もう、仕方なかとかなぁ〜。

mato_Goods_042_pudding_05_1580568862 最後の最後は、
ボトルに少し残っちゃう……。


洗い物は、容器だけというのは、けっこうポイントかも。


簡単だし、保存もできるし、おもてなし料理に使えそう〜。

100円なら、これもアリね!!







田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。