小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

mato_kichi_banner_2_1601210338

あんこトースト@吉祥寺でモーニング、の件


小学校以来の食パントラウマを、生食パンで癒し(129回)、トースト用食パンを買い求め(132回)、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作している。

そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
b859ed9da5d7bcaa91e5dd2aef2b8b32 イラスト/小豆だるま


あんこトーストといえば、名古屋系喫茶店『K珈琲店』でしょう。

ダイヤ街のメンチカツ行列を見下ろす場所にありますが、吉祥寺の超駅前に『D証券』とのコラボ店も7月にオープンしたよ。

これで吉祥寺は、2店舗目だな。

ブイブイ言わせてますな。

ここのモーニングには「おぐらあん」というメニューがあって……っていうかコーヒーを頼むとついてくるんだけどね、名古屋系だから(苦笑)。

厚切りトースト半分をトースト+バターで、トッピングとして別容器で小倉あんの粒あんが出てくる仕様。

『K珈琲店』は、トースト専用の小倉あんの通販&スーパーでの販売までやってるんですよ! 

どんだけ需要があるんだよ! とつぶやくおっさん女子です。

でもさー、『K珈琲店』のあんこトーストは、一瞬量的に足りないかもと思うんだけど、食べてる途中でモーニングのパンってさ、量的にこのくらいがベターだよねと納得するよね。

あんこのカロリー的にもさ……。

そして年配の方の小倉トーストチョイス率が高い! 

やっぱ、甘いもので疲労回復したいお年頃か? 

ちなみに、レギュラーメニューにもあんこトーストがあるっぽいです。

しかし名古屋って、なんでこう食べ物関係が独創的なんでしょうか? 

そんな名古屋をもっと知りたい人は、まとメシ連載陣の永谷正樹さんの連載をどうぞ! 

『K珈琲店』が近所にないし、吉祥寺にモーニングなんか食べに行けないし、というあんこ好きの皆さんにおすすめなのが、なんとあんこの直売です。

テレ朝系の散歩番組の高田純次も来たらしいよ。

場所は、吉祥寺の五日市街道を西荻方面に進んでちょっと入った住宅街に、『A屋』があります。

ここには前にあんこ工場があったそうなのですが、工場は移転し、今は直売所に。

粒あん、こしあん、変わりあん、あんこ玉、時々あんこのおやつ、などなど。

とにかく“あんこ三昧”。

ここで粒あんパックを購入し(わりと日持ちします)、トーストに思う存分ぬって食べるほうがいい!

ていうか、私は食べてます……。


frame_amano_166-2_1601305287






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま〜に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。