英国で脈々と受け継がれてきたアフタヌーンティー文化を体感する絶好の機会です。今秋開催されている帝国ホテル東京の「英国フェア2021」では、「イングリッシュガーデン」と「アンティーク」をテーマとした英国風のおもてなしが味わえます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、海外旅行もままならない昨今、優雅にアフタヌーンティーを嗜みながら英国気分を味わってみませんか。

英国文化が楽しめる 6回目の「英国フェア」

130年以上の長い歴史を持つ帝国ホテル。開業以来、国内外の賓客を数多くもてなしてきました。

そんな帝国ホテル東京が、2016年から開催しているのが「英国フェア」。本格的な英国文化が楽しめると人気を博し、毎年の恒例イベントとなっています。6回目となる「英国フェア2021」(9月1日〜10月31日)では、「イングリッシュガーデン」と「アンティーク」をテーマに、2種のアフタヌーンティーや各種イベントが催されています。

英国式庭園をイメージした”イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー

51fddda5641a227460e6be6f0e9ea9c1 「”イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー」

自然美を大切にする英国式庭園は、なくてはならない場として、古くから英国人の生活に根付いています。そんな庭園を、東京料理長の杉本雄氏が「”イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー」として、お皿の上に作り上げました。 285f5df746a5efeef2517c7a7869731a 抹茶とピスタチオが彩る上段の皿 上段一面には、抹茶とピスタチオの緑が広がります。その上にのるマカロンやムースといった3種類のスイーツからは、庭園を彷彿とさせる爽やかな香りが感じられます。中段には牛肉とポテトのコテージパイ、下段にはローストビーフやケークサレなど、伝統的な家庭料理に加えて、スコーン2種も用意されています。

第14代東京料理長 杉本雄氏のこだわり

「”イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー」は、癒しを大切にするイングリッシュガーデンの世界観に合わせ、香りや見た目もお楽しみいただきたいと思い、お皿一面に敷いた抹茶とピスタチオの”芝生”の緑の上に色鮮やかなスイーツをのせて、フローラルなテイストで仕上げました。 「”イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー」
【価格】7150円※消費税込、サービス料別
【提供時間】11:30〜18:00(ラストオーダー)

ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティーwithバトラー

587f63e6ad8d5f608c55e577b3e18daa ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティーwithバトラー
19世紀、ヴィクトリア朝のもとで世界に栄華を誇った大英帝国。このころは、高価な銀や陶の食器を使い、バトラー(執事)を雇うことが英国紳士のステータスとされました。そんな当時のスタイルを再現したのが、このアフタヌーンティーです。 a5d152c6a913da91c0829516dfaf0203 19世紀の貴重なアンティーク銀器 使用される銀器や陶器は、穐葉アンティークジュウリー美術館のコレクションからセレクトされた貴重な品ばかり。ヴィクトリア時代中期のティーセットに、リッジウェイ製のティーカップ。なかなかお目にかかることができない上質な品々です。 3049af152216f4f61e3ecdbedf616a92 19世紀に使用されていたブドウ切り用の銀器 プレートには、シュークリームやレモンケーキ、サンドイッチなど、気軽につまめる軽食が並びます。ぶどうやくるみものっていて、19世紀に使われていたシルバーのぶどうの枝切りやくるみ割り器を実際に体験することも。専属のバトラーが付く、1日1組限定のプランです。 ede820493a90e245a893909620f5a1bf 英国貴族に育まれたアフタヌーンティーの世界 さらには、10月1日〜10月31日までの期間、「英国貴族に育まれたアフタヌーンティーの世界」と銘打って、ヴィクトリア朝英国貴族の応接間を再現するイベントが行われます。穐葉アンティークジュウリー美術館監修の下、当時の家具や調度品と共に、英国貴族の暮らしが現代に蘇ります。この貴重な機会に、英国から脈々と受け継がれてきたアフタヌーンティーの源流を体感してみてはいかがでしょうか。

第14代東京料理長 杉本雄氏のこだわり

「ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティーwithバトラー」では、アンティーク銀器が使われていた時代のスタイルは手でつまんで食べる焼菓子がメインだったことから、片手でも気軽にお召し上がりいただける料理をご用意いたします。アンティークの茶器や銀器を実際に触れて楽しみながら味わっていただきたいです。 ※ご好評につき満席となりました。キャンセル待ちのご希望は承っております。 「ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティーwithバトラー」
【価格】25000円※消費税込、サービス料別
【営業時間】期間中の毎週月・火・水曜日(9月20日・22日除く)、1日1組限定(2〜4名様まで)

「英国貴族に育まれたアフタヌーンティーの世界」
【期間】10月1日(金)〜10月31日(日)
【営業時間】11時〜19時
【場所】帝国ホテルプラザ東京1階ロビー

お持ち帰りも◎ 自宅でも手軽に英国の味が楽しめる

さらに、ホテルショップ「ガルガンチュワ」では、”ご家庭でお楽しみいただく英国の味”をテーマに、アフタヌーンティーのメニューから一部をお持ち帰り用にアレンジして販売。お手軽かつリーズナブルに、自宅でアフタヌーンティーを楽しむことができます。 117fb262f75c6897e3af260627442f7b (写真右)・Victoria 〜ヴィクトリア〜(900円)
英国伝統の「ヴィクトリアケーキ」をモダンにアレンジ。アーモンド風味の生地とクリームの相性が抜群。

(写真左)・ローズ ガーデン(1000円)
ライチとバラとフランボワーズのジャムを包むのはバラ風味のバタークリーム。英国をイメージしたタータンチェックのマカロンがかわいらしい。 e4cbfb8c1a1ca3bf8c0758dea299983c (写真右)・紅茶のスコーン 4個入り(650円)
生地にアールグレイの茶葉を混ぜ込んで焼き上げるため、豊かな香りが楽しめます。

(写真左)・イングリッシュスコーン 5個入り(700円)
外はさっくり、中はしっとりの食感を味わえます。 ホテルショップ「ガルガンチュワ」
【営業時間】10時〜19時
※価格は消費税込

開催情報

「英国フェア2021 A Taste of Britain」
【期間】9月1日(水)〜10月31日(日)
【場所】東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京
    バーラウンジ「インペリアルラウンジ アクア」(本館17階)
    ホテルショップ「ガルガンチュワ」(本館1階)
    本館一階ロビー
    帝国ホテルプラザ東京
※緊急事態宣言の期間中、営業時間等に変更がある場合があります。お出かけの際は、ホテルのHP等で確認するようお願い致します。