鹿児島県霧島市の霧島温泉郷の老舗「霧島国際ホテル」(客室165)が、5月20日に営業を終了することが分かりました。新型コロナウイルスの影響で宿泊客が激減したことが要因のひとつとみられます。

運営する大和紡観光によりますと、新型コロナウイルスの影響で宿泊客が激減し、回復の見通しが立たないことに加え、建物も創業以来50年が経過して老朽化し、改装費がかさむこともあって事業の継続は困難と判断したということです。

従業員140人は再就職先を支援するということです。