諏訪之瀬島の御岳では23日噴火が相次いでいます。午後9時39分に発生した噴火は午後11時現在も継続し、噴煙は火口から最大1200メートルまで上がりました。
噴火が継続した場合、噴煙は24日午前6時までに南西方向、正午までに西方向に流され、やや大量の降灰が予想されています。
気象庁は諏訪之瀬島の噴火警戒レベル2を継続し、火口から1キロの範囲で大きな噴石に警戒するとともに、風下側では小さな噴石に注意を呼びかけています。