2月15日の「サワコの朝」のゲストは“チータ”の愛称で親しまれる、歌手の水前寺清子さん。19歳で歌手デビューすると粋な着流し姿が話題を呼び一躍人気ものに。名曲「三百六十五歩のマーチ」は、100万枚を超える大ヒットとなりました。芸能生活55周年を迎えた今年は、ファンへの感謝を込めて「ありがとう55年」と題した全国無料ライブツアーを敢行中!その歌詞の如く、休まないで歩き続けてきたチータの軌跡を辿りながら、元気な笑顔の裏に隠れた知られざる胸の内に、サワコが迫りました。

受け入れ難かった代表曲「三百六十五歩のマーチ」

"一日一歩、三日で三歩。三歩進んで二歩さがる〜"と、聞くだけで元気になれる大ヒット曲「三百六十五歩のマーチ」。数々の賞を受賞したこの曲は水前寺さんの代表曲になりましたが、曲を歌うことになった際には大きな不安と戸惑いがあったそうです。「レコーディング室に入る時に"ワン・ツー、ワン・ツー"って聞こえてきたんですよ。どこの運動会の歌?って...」。まさか自分の為に用意された曲だとは思わなかったという水前寺さんは、「えっ!?私?嫌です」と1時間も言い続けて、最初は歌うことをその場で断ったといいます。これまで粋な着流し姿で演歌を歌ってきた水前寺さんにとって、行進曲のようなこの曲はとても受け入れ難いものだったよう。「でも、歌わなきゃしょうがないから」と覚悟を決めた水前寺さんは、ある条件を提示しました。

「すみませんけど"ワン・トゥー"はやめてくれますか?"ワン・ツー"にしてください。"トゥー"ってやっぱり英語っぽいじゃないですか。それと、もうひとつ。こぶしを入れさせてほしい」と条件を提示した上で歌うことを受け入れたと明かしました。しかし、レコーディングが終わってからもこの曲を気に入ることはなく、とにかく恥ずかしかったと話す水前寺さん。振り付けは自分で考えていたと言い「(振りが)入りにくくて。本当にどうしようかと。形にならない歌だ。はい、もうこれで水前寺清子は終わりだと思いました」と当時の胸の内を吐露。しかし「しばらくして、近所の小ちゃい坊ちゃん、お嬢ちゃんが"あっ!ワン・ツーのお姉ちゃん"って言ってくれたんです!」と、この曲を通じて幼い子にも自分の曲が浸透していった事が嬉しかったと話しました。

過去には、女優としても活躍!今明かされる人気ドラマの撮影秘話

デビューから55年が経つ今も、変わらぬ歌声でファンを熱狂の渦に包みこむ水前寺さん。現在は、ファンへの感謝を込めて「ありがとう55年」と題した全国無料ライブツアーを行っています。「遠くからいらっしゃる方多いんで。だったら、今度はこっちから皆様のとこへ行って歌おうかなと思った」と企画意図を明かすと「55か所以上回るんでもいいです。55周年が続く今年の10月15日までは、なんとか頑張ろうと」と意気込みを語りました。番組では、そのコンサートの模様を紹介。水前寺さんのパワフルな歌声に沸く熱狂的なファンの様子を観たサワコが、「だんだん(ファンの皆さんが)チータさんに似てくる感じ?」と問うと「割とショートカットにされる方多いですね」と照れたように話し、「デビュー当時から応援してるよって言われるとやっぱりちょっと涙出ますよね」とファンへの感謝を述べました。

一方で、過去には女優としてドラマにも出演した水前寺さん。「トイレの前にね、石井ふく子先生がお立ちになってて。"チータ、ドラマやらない?"っておっしゃるんです。歌い手なんでやりませんって言っても、毎週、毎週トイレの前にお立ちになってて」と直々のオファーがあったと言うと、断り続けたある日「あっそう。じゃあ、このドラマはやめたわって言われたんです。責任感じて"やります"って言ったらレコード会社から"いつやるんだ"って怒られた(笑)」と、ドラマ「ありがとう」への出演に至った経緯を明かしました。山岡久乃さんとの名コンビで人気を博したこのドラマでは"殴らない約束"があったにも関わらず、本番では山岡さんに思い切り"あてられた"そうで、「一日中泣いてました(笑)でも、石井先生が"ごめんなさいね。あれ私が殴れって言ったのよ"って。だまされた(笑)」と、撮影時の裏話を披露しました。

「サワコの朝」はインタビューの達人・阿川佐和子が土曜の朝に素敵なゲストを迎えて送るトーク番組です。MBS/TBS系で毎週土曜あさ7時30分から放送中。ゲストの心に残る音楽と秘蔵トークをお楽しみに!

次回、2月22日(土)のゲストは元プロテニスプレーヤーの松岡修造さん。いつもポジティブなイメージの松岡さんが実はネガティブ!?メンタルの弱さに苦悩した意外な過去を明かします。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

「サワコの朝」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。


システム上の都合により、本記事内の外部リンクは機能を停止しております。
詳細は毎日放送の公式サイト(https://www.mbs.jp/)でご確認ください。