3月27日の「サワコの朝」のゲストは、女優の米倉涼子さん。モデル活動を経て1999年、23歳の時に女優宣言。今や“視聴率の女王”と呼ばれ、数々の作品で活躍しています。劇中では、気が強く自信に満ちた女性の役を演じる機会が多い米倉さんですが、サワコの前では打って変わって気弱な本音が…!?女優として、ブロードウェイミュージカル出演の夢をも実現させた米倉さんの今日までの軌跡を辿りながら、溢れる魅力とその素顔にサワコが迫りました!

米倉さんとサワコが意気投合!幼少期に抱いた共通の"不満"とは!?

華やかな容姿と確かな演技力で女優として活躍。テレビや舞台で輝かしいキャリアを積んできた米倉さん。しかし、サワコから「子どもの頃はどういう性格の女の子だったの?」と問われると、その回答は意外なものでした。「根暗だったと思います」と言って驚かせると、小さい頃から体は大きかったそうで"背の順"も、いつも後ろだったと回想。「私、前に行くわ!っていうのが、とてもとてもできなくて。出来れば後ろから2番目位のグループに入ってやりたい(タイプ)」と、目立たないように過ごしていたと話しました。
それとは対照的に幼い頃から小柄で背の順が一番前だったサワコは思わず「いいなぁ」と一言。加えて「たまには順番を変えてほしいと先生に言うと"よし!じゃあ、アイウエオ順にしよう!"って"あがわ"だから同じだって(笑)」と、幼少期のちょっぴり悔しかったエピソードを披露しました。すると、ここで米倉さんが「私もそうなんです!」と激しく同調。「"よねくら"だから"よ"、"ね"なんですよ。なので"わたなべさん"が来ない限りは、いつも一番最後なんです」と背の順であろうが名前順であろうが並ぶ時は定位置だったという共通の"不満"で、真逆な二人が意気投合!

また、4歳からバレエに励んでいたという米倉さん。小学校6年生になる頃には、コンクールに出場するまでに上達したそうで「放課後は遊んでいた時間より、バレエと付き合っている時間の方が長かった」と回顧。プロを目指し22歳までバレエを続けたそうですが、同じ頃にモデルの仕事が増加。バレエのお稽古に割ける時間が半減してしまったのを機に、バレエを"卒業"することに...。そこから、"女優への道"を邁進していったと話しました。

ブロードウェイに3度立っても自信がない!?女優・米倉涼子の気弱な一面

日本人女優としては54年ぶりとなるブロードウェイでの主演という快挙を果たした米倉さん。しかし、ミュージカル「CHICAGO」への出演が決まった大きな喜びの裏では、想像を絶する大変さと向き合っていたといいます。「とにかく幸せで、憧れのミュージカルに関われていることだけで泣いちゃう...みたいな。今でも泣きそうです」と、まずは喜びを語った米倉さんでしたが、レッスンの話になると「本当に辛かったんです」と目には溢れる涙が。「振付家も音楽監督も演出家もアメリカから来ていて。凄くしごかれました」としみじみと回顧するも、「でも、バレエをやっていたから、"努力をしないと身にならない"、"見てもらおうとしないと見てもらえない"という事が身についていたので、苦しくはなかったですね」と説明しました。

日本語版の後に挑んだ本場ブロードウェイは自分からオファーをしたそうで、「よくこんな無謀なことを考えやがるなと周りの人は思ったと思います。笑っていたと思います、皆さん」と、思い切った自身の行動を回想。迎えた公演は「初日の記憶がない」と言うほど一心不乱に挑んだそう。カーテンコールでは大歓声が上がり、目の肥えた本場の観客の心をしっかり鷲掴みにした米倉さん。そこでの演技力が認められ、3度に渡りブロードウェイの舞台を踏むという偉業を成し遂げました。
一方で、ブロードウェイで鍛えられて自分でも精神が太くなったと言うにも関わらず「自信がない」と気弱な言葉を連発する米倉さん。「被害妄想は強いですね」というと「基本70%位の人は私のこと好きじゃないんじゃないかとか、よくしておかないと嫌われるとか、そういうのが基盤にあります」と吐露し、サワコから「否定的すぎるでしょ!」と突っ込まれる一幕も...。
そして、「おじさんに可愛がられます。そこには自信があります!」と言って笑いを起こすと、交友のある岸部一徳さんや西田敏行さんとの仲良しエピソードを話してくれました。

9年半の放送に幕。サワコから皆様へ

トークを終えると「最後なんですね。お疲れ様でした。」と米倉さんから労いの言葉をかけられたサワコ。「皆様、既にご承知のこととは思いますけれども、この「サワコの朝」今日を限りに終わることになりました。私の力足らずだと思いますが、でも総合で473回。見てくださった方々にまずは、お礼を申し上げたいと思います。そして、この番組を支えてくれた全スタッフの皆さんに本当にありがとうございましたと申し上げたいです。ありがとうございました。だいぶ年取りました私も。 "徹子の部屋"に負けました。はい。」とサワコ流のご挨拶を終えると「泣かないよ〜」とほんのり浮かんだ涙を拭いながらスタジオを去り、9年半の放送に幕を下ろしました。

「サワコの朝」はインタビューの達人・阿川佐和子が土曜の朝に素敵なゲストを迎えて送るトーク番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

過去の放送はこちらからご覧ください。


システム上の都合により、本記事内の外部リンクは機能を停止しております。
詳細は毎日放送の公式サイト(https://www.mbs.jp/)でご確認ください。