11月3日放送の「プレバト!!」俳句査定は、初登場のラランド・ニシダが才能ナシに撃沈。謎ワードがバラバラに並んだ恐怖俳句で、今年最低の5点を叩き出した。夏井いつき先生は「本当に意味分かんない!」、梅沢富美男も「オカルトか?」と怯える衝撃展開に。一体どんな句を詠んだのか?

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※11月10日(木)18:59 終了予定

「なぜか妹まで出てきたよ!」ニシダの謎俳句に夏井先生が大混乱

今回の俳句査定は「スーパーマーケットの鮭」をお題に、山西惇、新妻聖子、みちょぱ、ラランド・ニシダが挑戦。新妻が凡人2位、みちょぱが才能ナシ3位となり、最後は京大出身俳優の山西、上智大を2回退学しているニシダが激突。山西が「稽古場で台詞繰る間の鮭にぎり」句で才能アリを獲得し、「最近小説を書いてまして。文芸系の才能はある!」と豪語していたニシダが赤っ恥をかいた。

<才能ナシ最下位 5点>
針供養抜きつ切身を妹に  ラランド ニシダ

「大学を2回も退学してるので実家は出禁なんですけど、7歳離れた妹がいまして。妹が中学生の時に鮭の骨を抜いてあげたのを思い出して...」

謎ワードがバラバラに並んだ恐怖俳句を見た夏井いつき先生は「本当に意味分かんない!」、永世名人の梅沢富美男も「オカルトか?」と怯えまくり、今年最低の5点がつけられる衝撃の展開に。

先生は「5点あげたのは"針供養"という季語を調べたから。古くなった針をこんにゃくとかに刺すんです。でも、それを抜くんでしょ? なぜ抜くの?」「抜いたと思ったら切り身が出てくるの? もう訳が分からない。最後のとどめに、なぜか妹まで出て来たよ!」と大混乱。

<添削後>
妹に鮭の小骨を抜いてやる

何とか添削が施されたが、MCの浜田雅功は「もうこうするしかないよ!」、ニシダの相方・サーヤも「下調べの5点がより恥ずかしい...」と頭を抱えていた。

キスマイ横尾が斬新なビジネス用語句、夏井先生も絶賛「これが名人!」
特待生昇格試験は名人3段の皆藤愛子、「永世名人への道」に挑む名人10段のKis-My-Ft2 横尾渉、句集完成まで残り2句に迫る永世名人の梅沢富美男が登場。まず、皆藤が「エコバッグに新米5kg雨の帰路」で1ランク昇格。横尾はビジネス用語を取り入れた斬新な俳句で勝負した。

★1つ前進 ☆2つ → 3つ★
金秋のローンチ駅のおむすび屋  Kis-My-Ft2 横尾渉

ローンチとは新しい商品やサービスを世に送り出すという意味のビジネス用語。「SDGs促進週間でもあるので、ビジネス用語を調べまして。長々と企画してきたことが、やっと実現できたという句です」

夏井先生は「"金秋"という季語は"金"のイメージが強くて使いこなすのが難しい。それにビジネス用語を持ってきて、面白い取り合わせだと思いました。さらに、"おむすび"と豊かな実りの秋が響き合っている。しかも、対句表現にもなっている」と解説し、「2つの企みが成功している。これが名人ですね!」と大絶賛。褒められまくった横尾は「直しなんていりませんよね!」と満面の笑み。

一方、梅沢は子供たちにお弁当を作ってあげた思い出を詠んだ「大中小弁当箱に鮭の秋」句が、まさかのボツ。「そんなにウチの家庭が憎いか?」とブチキレて、先生と久々の大喧嘩を繰り広げた。

     ◇

さて、次回のお題は・・・

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。https://www.mbs.jp/p-battle/

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※11月10日(木)18:59 終了予定


システム上の都合により、本記事内の外部リンクは機能を停止しております。
詳細は毎日放送の公式サイト(https://www.mbs.jp/)でご確認ください。