奈良県五條市の住宅が焼け、家族とみられる5人の遺体が見つかった火災で、全員の遺体があった2階の寝室からポリタンクの一部やライターなどが見つかったことが新たにわかりました。

 5月20日午前10時ごろ、五條市住川町に住む寺西孝行さん(32)の自宅の火災で、2階の寝室のベッドに子ども2人、床の上に大人2人と子ども1人の遺体が見つかりました。遺体は寺西さん一家とみられています。また、その寝室からポリタンクの底の一部・キャップ・使い捨てライターなどが見つかったことが新たにわかりました。

 5人に外傷はなく、玄関や窓に鍵がかかっていて、外部から侵入された形跡もないことから、警察は放火による無理心中の可能性もあるとみて調べています。