介護保険料はなぜ大阪府が全国で最も高くなったのでしょうか。

 介護保険のうち、65歳以上の人が支払う「第1号保険料」が今年4月に改定され、保険料の基準額は全国平均で月額6225円と、これまでより3.5%増えました。厚生労働省は、介護サービスの利用が増えたことや、介護職員の処遇改善などを理由に挙げています。

 全国1位は、大阪市で全国平均の約1.5倍となる月額9249円、年額にして11万988円となりました。2位が大阪・守口市の8970円、3位が大阪・門真市の8749円と続き、都道府県別でみても大阪府が全国1位となりました。

 その理由について大阪府の吉村洋文知事は次のように話します。

 (大阪府 吉村洋文知事)「高度経済成長期に多くの人が大阪で仕事をして、いま単身で住んでいる高齢者の方が多い。そして高齢化率も上がってきている。高齢者の皆さんが健康に過ごしていただけるような活動をより一層充実させていきたい」