【入山法子・志尊淳/モデルプレス=6月20日】19日にフジテレビ(※関東ローカル)にて最終回を迎えた「きみはペット」。放送や配信版では観ることのできない、<完全版>にのみ収録されている未公開シーンの一つである、通称“エレベーターキス”シーンが、最終話の放送を記念して特別に公開された。

2000年〜2005年に講談社「Kiss」で連載され、累計発行部数420万部を記録した小川彌生氏の同名漫画が原作の本作は、高学歴&容姿端麗のキャリアウーマン・スミレと、謎のペット志望のイケメン男子・モモとの奇妙な同居生活を描いた胸キュンシーン満載のヒーリング・ラブコメディ。

主演の巌谷スミレ役にはモデル、女優と幅広く活躍し、透明感のある美しさが話題となった入山法子。スミレに飼われることになる“モモ”こと合田武志役は、「烈車戦隊トッキュウジャー」の主演で人気急上昇し、数々の話題作に出演。現在公開中の『帝一の國』でさらに注目が集まっている、今、最も旬な若手俳優・志尊淳がW主演を務めている。

◆「飼い主とペット」が“恋人同士”へ…

3年の時を経て再会したスミレとモモの2人が、エレベーター内でキスを交わすこのシーン。昔のくせで思わずペットボタンを押してしまいそうになるスミレを遮り、「俺はもうペットじゃない」と言うモモの言葉、そしてマンションの管理人に見られながらもキスを止めない2人の姿は、「1人と1匹」だったスミレとモモが、飼い主とペットという関係ではなく、恋人同士としてやっと結ばれたことを強く印象づける。

ドラマを観続けていた視聴者であれば2人が結ばれたことへの安堵の気持ちを感じられるだけでなく、今までのどのシーンよりも激しく、甘い2人の口づけに心拍数が高まること間違いなしの本シーン。「きみはペット」ファンは確実に悶絶する本映像は必見である。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】