【綾瀬はるか/モデルプレス=7月20日】女優の綾瀬はるかが20日、神奈川・横浜市内にて行われたイベントに出席。浴衣姿で登場し、幼少期の思い出を語った。

◆綾瀬はるか、夏の思い出を語る

氷の結晶を柄にした涼し気なスカイブルーの浴衣姿で登壇した綾瀬は、「ちょっと夏っぽいですね」と気に入った様子。浴衣の思い出を尋ねられると、「小さい頃、浴衣を着て友達と夏祭りに行くことを、毎年楽しみにしていました」と目を輝かせ、「ヨーヨーを取ったり、かき氷は絶対に食べていました。あと、わた菓子も」と懐かしんだ。

トークでは、綾瀬が普段からしっかりと選んで購入しているものが話題に上がり、「私は結構、寒がりなので」といい、「クーラーが効いているところだと、お部屋だったり、廊下が冷えていたりしますので、足が冷えないスリッパをちゃんと見極めて、性能を見て買っています」と明かした。「もこもこしているやつですか?」と質問されると、「そうですね」と声を弾ませた。

◆オリンピック選手へエールも

フォトセッションでは、「可愛らしい感じでお願いします」などのリクエストがカメラマンから飛び交い、綾瀬は可愛らしい仕草と満面の笑みで応えた。

また、イベントには、2018年に平昌で開催される冬季オリンピックへの出場が決定しているアイスホッケー女子日本代表“スマイルジャパン”のメンバーがビデオ出演。綾瀬は、「けがのないようにベストを尽くして頂けたらと願っています」とエールを贈った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】