【塚田僚一・岩本照/モデルプレス=7月22日】A.B.C-Zの塚田僚一、Snow Manの岩本照が22日、横浜市内で行われた今秋放送のTBS系のテレビ番組『SASUKE』の収録前に取材に応じた。

TBSの名物番組『SASUKE』は肉体自慢たちが会場に設置されたさまざまなアスレチックに挑むスポーツ・バラエティー。今年で記念すべき20周年・34回目の開催となり、前回に比べ新たな要素も加わった“鋼鉄の魔城”に塚田と岩本が挑戦する。

◆“完全制覇”へ意気込み

この日のコンディションは「すごくいい状態」と話す塚田は、1日にプロテイン2本を飲み、鶏のささみで肉体を作り上げてきた。前回は念願だった1stステージをクリアしたものの、目標である「完全制覇」には届かず。今回は「まずは目の前の1、2ステージを突破したい。そして3rdステージを体験して、行けるところまで全力で前のめりでいきたい!」と意気込んだ。

前回、初出場を果たすも結果を出せなかった岩本はリベンジに燃えに燃えている。失敗した自分の映像や先人たちの映像を何度も見返し、精神力も鍛え直してきた。

「(前回失敗して)周りの人やファンの方に気を遣ってもらった。『出るだけですごいよ』『次は大丈夫』とか言ってもらって」といい、「マイナスからのスタートだけど、あれより前に落ちることはない」と前向き。「まずは1stステージを落ち着いてやる。結果を残して、感謝の気持ちを戦う姿で伝えられたら」とリベンジを誓った。

◆塚ちゃん、突如キャッチフレーズを考案も…

後輩が出場することに関して、塚田は「最初は止めてくれと思った。結果を出されてしまったら自分はクビ?と思ったので」と苦笑。今は「すごく力になった。直に応援してくれて響くものがある」と話し、「今回こそ結果を出してほしい」と後輩に期待を寄せていた。

「金髪、筋肉、塚ちゃんです!」のキャッチフレーズでおなじみの塚田は、囲み取材で「自分のキャッチフレーズを持ったほうがいいよ」と後輩にいきなり助言。「それで知ってくれたり、覚えてもらえる。“太陽サンサン、体脂肪3%、岩ちゃんです!”はどう?」と提案すると、岩本が「いや、その塚ちゃんの後輩じゃん、みたいなのが嫌だ…。俺のオリジナルでいきたいので」と失笑し、拒否していた。

◆ゴールデンボンバー樽美酒研二、今年も参戦

取材会にはそのほか、番組MCのタカアンドトシ、ゴールデンボンバーの樽美酒研二も参加。『SASUKE』のために倉庫を借り、セットを組んで練習を積んできたという樽美酒。しかし、これまでに一緒に出場してきた喜矢武豊の姿がない指摘されると「なんか『調整が遅れた』って言っていましたよ」と明かし、笑わせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】