【高一ミスコン/モデルプレス=7月24日】“日本一かわいい高校一年生”を決めるコンテスト「高一ミスコン2017」は24日、投票サイトにて行っていたSNS審査の結果を発表。ファイナリストが出揃った。

投票サイトでは14日〜23日まで、「投票数」「応援メッセージ数」「リツイート数」「ページ閲覧数」「LINE LIVE視聴数」「総合ポイント数」の6項目による投票を実施。このたび発表された結果は以下の通り。

◆「高一ミスコン」SNS審査結果(ファイナリスト発表)
※()はニックネーム

「投票数」1位:河本景(けいえる)
「投票数」2位:黒川ひばり(ちゃぱてぃうす)

「応援メッセージ数」1位:早乙女るな(るな)
「応援メッセージ数」2位:石田莉奈(りなちゅん)

「リツイート数」1位:松葉愛海(あいみ)
「リツイート数」2位:田口咲里(さりりん)

「ページ閲覧数」1位:田村月光(つっきー)
「ページ閲覧数」2位:吉田莉桜(りお)

「LINE LIVE視聴数」1位:奥泉奏(かなやん)
「LINE LIVE視聴数」2位:久保田詠(うた)

「総合ポイント数」1位:新谷真由(まゆ)
「総合ポイント数」2位:貝賀琴莉(ことぴよ)

今回選出された12人は、「高一ミスコン」ファイナリストとして、8月3日のイベント「Popteenずっ友♥フェス2017」内で行われる最終審査に臨み、グランプリをかけて競い合う。

◆「高一ミスコン」投票サイトにて、セミファイナリストを一挙公開

「高一ミスコン」は、“日本一かわいい女子高生”を決める「女子高生ミスコン」の前哨戦ともいえる、高校一年生限定のコンテスト。今年の高一ミスコンは雑誌「Popteen」とコラボし、グランプリ受賞者には「Popteen」専属モデルになれる特典を授与する。

最終審査は、8月3日に東京・豊洲PITにて開催される「Popteenずっ友♥フェス2017」内で行われ、来場予定者約3000人の前でグランプリ・準グランプリを発表。受賞者2人は、「女子高生ミスコン」にセミファイナリストとして参加ができる権利も得られる。

(投票サイトURL:https://contest.mdpr.jp/jk1misscon2017)
※「高一ミスコン2016」に関する問い合わせは下記メールアドレスまで
support@jkmisscon.jp

◆日本一のイケメン高校一年生「高一ミスターコン」投票スタート

なお、日本一のイケメンを決める「高一ミスターコン2017」も進行しており、24日に投票サイトがオープン。SNS審査が繰り広げられている。

◆姉妹コンテスト「女子高生ミスコン」もエントリー開始

「高一ミスコン」の姉妹コンテストである「女子高生ミスコン」は、過去に“くみっきー”こと舟山久美子や“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都を輩出した、“日本一かわいい女子高生”を決定する女子高生限定のコンテスト。プリ機やSNS投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、「女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1」を決めるミスコンとなっている。

初の全国開催となった2015-2016年度は、“りこぴん”こと永井理子が初代“日本一かわいい女子高生”に選ばれ、約37万エントリーを記録した2016-2017年度は、“ゆきゅん”こと船越雪乃が選出された。

今年度は、7月1日〜9月10日までのエントリー期間を経て、全国11箇所で面接審査を順次スタート。通過者はその後、Twitterを使って投票を行う「SNS投票」や、プリ機を撮影することで投票が可能な「プリ機投票」に臨む。

さらに今回から、セミファイナリストとして47都道府県別で"一番かわいい"女子高生(都道府県代表者)を1人ずつ選出。12月9日に行われる「ファイナリスト発表イベント」で、都道府県代表者47人とエリア別SNS代表者(高一ミスコン受賞者2人を含む)19人の計66人から、ファイナリスト8人が選ばれる。

そして2018年3月27日に開催予定の「ファイナル審査イベント」にて、“日本一かわいい女子高生”を決定する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】