【ジャスティン・ビーバー/モデルプレス=7月25日】カナダ出身R&Bシンガーソングライターのジャスティン・ビーバーが25日、自身のフェイスブックにて世界ツアー「パーパス・ツアー」の残り全14公演をキャンセルすることを発表した。

ジャスティンのマネージメントチームは「予期せぬ事態により、ジャスティン・ビーバーの『パーパス・ツアー』の残りをキャンセルすることとなりました」と残りの全ツアーキャンセルを発表。「ジャスティンはファンを愛し、がっかりさせてしまうことを残念に思っています」とファンへの想いも明かした。

また、これまでのツアーを振り返り、「18ヶ月間に渡り、『パーパス・ツアー』で素晴らしい経験ができたことに感謝しています。6大陸150回以上にも渡る公演を成功することができたスタッフや出演者たちにも感謝しています」とコメント。「しかし、慎重に検討した結果、今後の日程に関しては公演を行わないことに決めました」と説明した。

東京公演は、9月23日・24日に味の素スタジアムで開催される予定だった。チケット代は返金されるという。(modelpress編集部)

情報:ジャスティン・ビーバー

【Not Sponsored 記事】