【西野七瀬/モデルプレス=7月25日】乃木坂46の西野七瀬が24日、1ヶ月ぶりにオフィシャルブログを更新。近況を報告し、先輩としての覚悟やメンバーへの思いを語った。

◆西野七瀬、先輩としての自覚が芽生える

西野は、開催中の全国ツアー『乃木坂46 真夏の全国ツアー2017』の皮切りとなった東京・明治神宮野球場公演(7月1日〜2日)について、ファンに感謝の言葉を伝えると、「このライブで、わたし先輩なんだ〜って改めて自覚しました」とライブで感じたことを報告。

18thシングル『逃げ水』(8月9日発売)のWセンターに、3期生の与田祐希、大園桃子が抜擢され、より後輩と関わる機会が増えたことから、「見守る心?が芽生えた 後輩の存在のおかげです」と明かし、「ちゃんとしなきゃ!お姉さんしなきゃ!って思わせてくれる」と、先輩としての覚悟を示した。

3期生の2人の様子も明かしており、大園ついては「ももちゃんはパフォーマンス前 よく緊張でおかしくなってます。笑 でも本番しっかりこなす」とし、与田については「よだちゃんは小さな声で話しかけてくれます 見てるだけで癒されます!」と、しっかりと先輩らしく後輩の成長を見届けている。

◆1期生メンバーへの思いを語る

メンバーについても「1期生好きだなぁって強く思った2日間」と改めて実感した様子で、「みんなの顔を見ると 昔のときを思い出してなんだかグッときます。乃木坂に入ってよかった この人たちに出会えてよかった!ってすごく思いました」とこれまで一緒に歩んできた仲間への熱い思いを語った。

そして、「これからはツアー 楽しんで がんばりましょ!」と意気込み。ほかにも、近況を報告し、新曲ミュージックビデオの撮影オフショットを投稿している、

◆誕生日に発表した“宣言”も実行

また西野は、23歳の誕生日を迎えた5月25日に、ラジオ番組「乃木坂46西野七瀬のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/深夜1:00〜3:00)に生出演。その際に、“毎月実行する”という抱負として、年齢になぞらえて「毎月23日に凝ったご飯を作る。そしてそれをブログにアップする」と発表していた。

更新は翌月の6月24日の1日遅れとなってしまったが、宣言通り、普段から作り慣れてるという豚の角煮の写真をアップ。

今月は、「また24日になってしまいました」と切り出し、「今回はわたしの凝った料理ではない、スイカによるはらこ飯パーティのご飯です。この抱負 第2回にして番外編です。笑」と、“スイカ”と呼ばれる西野、斉藤優里、川後陽菜、伊藤かりん、伊藤純奈によるプライベートの仲良しグループとパーティーを行ったときに食べたという、鮭やいくらが乗った親子丼“はらこ飯”の写真を公開した。(modelpress編集部)

情報:西野七瀬、ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】