【宮本佳林/モデルプレス=7月25日】ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceの宮本佳林(18)が25日、公式サイトで休養を発表した。

◆宮本佳林、休養

公式サイトによると宮本は「機能性発声障害」と診断されたといい「先日、声が出にくい状態だったので、先週末のライブではダンスパフォーマンスのみの参加とさせて頂きました。しかし回復の目処が見られなかったので再度診察を受けた結果、『機能性発声障害』と診断されました」と報告。

続けて「ライブにおいてダンスパフォーマンスのみの参加でも、無意識のうちに自分の歌のパートで呼吸が乱れ息苦しくなる為、本人と保護者と話し合いを行い、そして医師とも相談の上、治癒を最優先に考え、本日よりライブ、イベント、声を出す必要のある仕事は全てお休みさせて頂く事になりました」とした。

今後の活動については、本人の状態、通院治療やリハビリの状況、回復の状態を見て順次判断するという。(modelpress編集部)

■発表全文

Juice=Juice 宮本佳林に関してのお知らせ

いつもJuice=Juiceを応援して頂き、誠にありがとうございます。宮本佳林に関してのお知らせです。

先日、声が出にくい状態だったので、先週末のライブではダンスパフォーマンスのみの参加とさせて頂きました。しかし回復の目処が見られなかったので再度診察を受けた結果、『機能性発声障害』と診断されました。

ライブにおいてダンスパフォーマンスのみの参加でも、無意識のうちに自分の歌のパートで呼吸が乱れ息苦しくなる為、本人と保護者と話し合いを行い、そして医師とも相談の上、治癒を最優先に考え、本日よりライブ、イベント、声を出す必要のある仕事は全てお休みさせて頂く事になりました。

今後は本人の状態、通院治療とリハビリの状況を見ながら、回復の状態によって順次活動の幅を広げて行きたいと思います。

皆様にはご心配とご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
引き続き、Juice=Juiceそして宮本佳林へのご声援を頂戴できるよう努めて参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

2017年7月25日
株式会社アップフロントプロモーション

【Not Sponsored 記事】