【乃木坂46/モデルプレス=7月25日】乃木坂46が25日、都内で開催された夏の風物詩「第37回全国高等学校クイズ選手権」の全国一斉大会関東会場に番組サポーターとして参加。イベントではアキラ100%の裸芸を間近で見てメンバーが様々な反応を見せた。下記、イベント後に行われた取材会でのコメント全文。

― アキラ100%さんの裸芸ですが、生田絵梨花さんはかなり際どい角度でしたね。(※クイズ出題の演出で、生田は矢に射抜かれて床に倒れていた。)

生田:私、矢に射抜かれて倒れていたんですけど、高校生の皆さんが「見ちゃダメー!」とか「振り返っちゃダメー!」って、志村けんさんのコントみたいなことをしてくださって、それがすごくなんか一致団結して面白かったなと。私の角度からは見えなかったので、ご心配なく(笑)。

― 秋元真夏さんはいかがでしたか?(※ステージでは「気になって見ちゃった」などとコメントしていた。)

秋元:結構距離が近かったんです。それで生で見たのも初めてで、テレビではいつも見ていたんですけども、いつか生で見たいと思っていたんですよ!生で見ると結構ギリギリだって聞いていたので、もしかしたら結構危ないんじゃないかって。「モニターを観ていてください」ってスタッフさんから言われていたんですけど、私はこっそり本物を見たくて、横目で…(笑)。でも本当にプロだなって思ったんですけど、全く見えなくて!結構凝視したんですけど、見えなくて!(笑)本当にそこに関してはすごく徹底していて、裏でもすごく優しくて、プロのお盆の人?お盆ニストの方なんだなって思いました。

― 挨拶する時もお盆を当てて?

秋元:あ、してました。でも最初リハーサルの時は服を着ていたんですけど、そのあとはちゃんと絶対に見えないように、私たちにも配慮してくださいました。

― 齋藤飛鳥さんは見ないように頑張っていましたね。(※舞台袖のスピーカーに隠れたりしていた。)

齋藤:なんですかね…すごく今の世の中にアキラ100%さんがウケているのは、重々理解しているんですけども…やっぱり間近で人の裸体を見るっていうのは、私には理解ができなくて、できれば見たくないって思ってたんですけども、でも面白いから、チラって見るとちゃんと前は隠されているんです(笑)。でも当たり前だけど後ろは隠れてなくて、お尻が丸見えだから…(笑)私、男性のお尻をまじまじと見るのは初めてなので、なんかすごく変な気分になりました。面白かったです(笑)。

◆テーマソングを初披露

イベントでは応援ソング『泣いたっていいじゃないか?』を初披露。同楽曲で初センターの高山一実は「テーマソング『泣いたっていいじゃないか?』今日初披露だったんですけど、こうして高校生の前で披露できてすごく楽しかったです。なんか気分が上がっていて上手く言葉にならないんですけど、みんなが盛り上がってくれたおかげで、緊張が楽しさに変わった。初披露は大成功だったんじゃないかなって思います」と笑顔を見せ、会場に集った高校生3582人から大歓声を浴びていた。

『泣いたっていいじゃないか?』は8月9日にリリースされる18thシングル『逃げ水』の通常盤に収録される。同番組は決勝の地“ニューヨーク”を目指し、高校生が二人一組で戦うクイズの甲子園。乃木坂46は2年連続の番組サポーターを務める。9月1日午後9時より日本テレビ系にて放送。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】