【満島ひかり/モデルプレス=7月26日】女優の満島ひかりが、26日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』(毎週水曜午後11時〜)にゲスト出演。男性から口説かれた過去のエピソードを明かした。

◆満島ひかり、口説かれ体験告白「キュンとしました」

番組では、TOKIOの5人が考えた、これまで聞かれたことがないだろうという質問をゲストにぶつける企画「生まれて初めて聞かれました」を展開。

「過去の印象的な口説き文句」が話題になると、満島は19歳の頃の口説かれ体験を披露。お相手は音楽関係の男性で、初対面で「ジブリみてぇな名前だな」と言われたといい、「若かったのでキュンとしました」と告白。さらにその男性はちぎったレシートを手からヒラヒラと落としながら「雪見てぇだろ」と言い放ったそうで、「こんな人見たことないなと思って面白かった」と、TOKIOメンバーを笑わせていた。

また、男性のグッと来る仕草については、「眩しそうにしている顔」と答え、TOKIOメンバーによる“眩しい顔選手権”がスタート。それぞれがクールな眩しい顔を披露する中、満島は“No.1眩しい顔”に「髪の毛の流れとかがよかった」と謎の評価で山口達也を指名し、メンバーのツッコミをうけていた。

◆長瀬のギターピックが錦戸経由で満島へ

「捨てるに捨てられないモノ」がトークテーマになると、満島は「長瀬さんから錦戸亮くんにあげたギターのピックが今私の財布にあります」と告白。

「どういうこと?」と驚く長瀬に満島は、宮藤官九郎脚本によるドラマ「ごめんね青春!」(2014年/TBS系)で錦戸と共演した際、錦戸が財布から落としたピックを拾って渡したところ、「それ長瀬くんからもらったんだけどあげる。お守りにしたらいいよ」と錦戸から譲り受けたそう。

まさかのエピソードに長瀬は「俺があげたものを人にあげやがったな」と不満気だったが、満島が「これは宮藤さんのドラマに出る人に受け継げばいいんだって思って。今度宮藤さんの作品に出た時に誰かにあげようと思います」と話すと、長瀬も妙に納得。松岡昌宏は「なんか美談に変わったな」とツッコミを入れていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】