【伊勢谷友介・新田真剣佑/モデルプレス=7月27日】俳優の伊勢谷友介が26日に都内で行われた荒木飛呂彦氏の人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」を実写映画化する『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)のジャパンプレミアに参加。同日、自身のInstagramにて同映画で共演する同じく俳優の新田真剣佑との2ショットを公開した。

◆「変わった男だ…笑」改名にもツッコミ

伊勢谷は新田と肩を組んだ2ショットを投稿し、「変わった男だ…笑」と一言。さらに、「そう言えば、この男、最後に会った時から、名前が変わっていた…」と、新田が5月22日に「真剣佑」から「新田真剣佑」に改名したことに触れ、新田の父親が俳優の千葉真一であることから、「『新田』真剣佑。新田!?!?千葉じゃないのね!?!?」とツッコミを入れた。

◆豪華2ショットにファン歓喜

豪華な2ショットに、ファンからは「かっこいい超えてる」「最高な組み合わせ!!」「素敵すぎる2ショット!」「この2人は嬉しすぎる!!」など、歓喜のコメントが。さらに、「千葉じゃないのねって(笑)」「確かに〜(笑)」「ナイスつっこみ面白い(笑)」など、伊勢谷のツッコミにも反響が寄せられている。

◆『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

今作は、“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター家”代々の戦いを描く「ジョジョの奇妙な冒険」より、日本が舞台となる第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写映画化。美しい海沿いの町、杜王町(もりおうちょう)を舞台に、そこに住む高校生・東方仗助(山崎賢人※「崎」は正式には「たつさき」)が、他人のケガや壊れたものを直すことができる“スタンド”と呼ばれる特殊能力を使い、変死事件など次々と奇妙な出来事が起きる町を守ろうと闘う姿を描く。

新田は、仗助らと対峙していく冷酷無比な男・虹村形兆(岡田将生)の、深く物事を考えずいつも兄の足を引っ張る困った弟、億泰を演じ、伊勢谷は仗助とは血縁上「甥」にあたり、仗助を導いていく存在となる空条承太郎を演じる。(modelpress編集部)

情報:伊勢谷友介

【Not Sponsored 記事】