【久保裕丈/モデルプレス=7月28日】Amazonプライム・ビデオで配信中の恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」で初代バチェラーを務めていた久保裕丈が28日、都内にて自身初の単行本「その恋はビジネス的にアウト」(26日発売)発売記念トークショーを開催。その後、取材に応じた。

2017年2月にスタートした「バチェラー・ジャパン」は、セレブ独身男性(バチェラー)を、25人の女性たちが奪い合う恋愛リアリティ番組。久保は初代バチェラーを務めていた。

◆初代バチェラー久保、2代目の印象は?

すでに「バチェラー・ジャパン シーズン2」の制作が発表されているが、先日、2代目バチェラーも発表。IT企業の幹部・小柳津林太郎(おやいづりんたろう)が務めることが明らかとなった。

2代目バチェラーの小柳津とは会ったことがないという久保。「僕とは結構違うタイプの方だなって。僕よりも落ち着いた印象を受けるので、僕とは違った女性との立ち振舞を見てみたい」と期待を寄せた。

また、撮影が終わるまで小柳津には会わない方がいいと自身の考えを明かし、「すべてが未体験だからこそ、楽しいこともあれば辛いこともある。自分の素直な気持ちを大事にしてほしいと思います。だから僕から前情報や具体的な話は出さないようにします」とのこと。

シーズン2については、「視聴者としてめちゃくちゃ楽しみです!25人に囲まれた時どうするんだろうなって!一発目のパーティーの画づらが楽しみです(笑)」と目を輝かせた。

また久保は、番組で最終的に結ばれた大学生の蒼川愛とまだ交際が続いていると明かし、結婚については「向こうまだ学生で、やりたいことを模索している段階なので、それが落ち着いてきたときに結婚について考えるのかなって思います」と話していた。

◆初代バチェラー久保、初の単行本「その恋はビジネス的にアウト」

なお「その恋はビジネス的にアウト」は、「コンサルから社長時代までに培ってきたビジネス知識をぎゅっと8つの恋愛メソッドに凝縮。色々な60通りの恋のお悩みを解決」とし、ビジネスの視点から考えた恋愛本となっている。

「恋だけに限らず、人間関係で悩んでる方へのヒントがたくさん詰まってると思うので、悩みを解決するきっかけになればと思います」とアピール。

イベントでは質問タイムも設けられ、質問したファンにローズを渡す“ローズセレモニー”も実施。久保は「バチェラーじゃない、バラを渡すただのおじさんですからね」と苦笑いを浮かべ、会場を笑わせていた。

なおイベントのMCは、お笑いタレントのニューヨーク屋敷が務めた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】