【佐藤健・神木隆之介/モデルプレス=8月1日】1日、東京・品川ステラボールにて体験型エンターテイメント・フエルサ ブルータの最新作「WA!-Wonder Japan Experience-」が開幕。初日を記念し、豪華ゲストを招いてのレッドカーペットイベントが執り行われ、俳優の佐藤健と神木隆之介が登場した。

タイトルの「WA!」にちなみ、“プライベートでワッとしたこと”を問われた2人。神木と顔を見合わせ、「これは僕だけじゃなく一緒にびっくりしたことだと思うんですけど」と切り出した佐藤は、先日とある店で友人と食事をしていたところ、偶然その店を訪れていた神木と遭遇したというエピソードを告白した。

「扉が突然開いて神木が現れて…。それはワッとしました(笑)」と当時を振り返ると、神木も「それで何事もなかったかのように座り、何事もなかったかのようにおごってもらいました!」と笑顔で明かしていた。

また、佐藤は「フエルサ ブルータ」の前身にあたるショー「ビーシャ・ビーシャ 〜デ・ラ・グアルダ」を鑑賞しているそうで「初めて観たときの衝撃を今でも覚えているので、日本版がどうなっているのかすごく楽しみにしています」とコメント。一方、「何も前情報がない」という神木は「今、健くんが言った作品も観ていないですし、何が起こるかよくわかっていない(笑)」と話していた。

◆フエルサ ブルータとは…

アルゼンチン・ブエノスアイレスから誕生し、世界30カ国・60都市以上、500万人以上の観客を魅了するエンターテイメント「フエルサ ブルータ」は2014年に初来日。360度オールスタンディングの空間で、光と音、歌と踊り、さらに頭上には巨大な透明プールが出現するなど、常識と重力を超えた約70分間のパフォーマンスを体感できる。その最新作で世界初演となる「WA!-Wonder Japan Experience-」は“和風、 調和、 平和、 輪”など日本にインスパイアされた内容。「フエルサ ブルータ」の芸術監督で世界的演出家のディキ・ジェイムズ氏が自ら来日し、オーディションで逸材のパフォーマーを選出した。

レッドカーペットイベントには、アンバサダーをつとめる岸谷五朗、大谷亮平、松井愛莉をはじめ、国内外から豪華ゲストが来場した。

フエルサ ブルータ最新作「WA!-Wonder Japan Experience-」は8月1日から追加公演を含め12月10日まで同所で上演。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】