【波瑠/モデルプレス=8月2日】女優の波瑠が年に1度フジテレビ系列で放送されるお祭り長編特別番組『FNS27時間テレビ』にメーン参戦することが決定した。

◆『FNS27時間テレビ』とは

総合司会をビートたけしがキャプテンを村上信五がつとめる同番組。31年目を迎える今年は心機一転、放送日を天高く馬肥ゆる9月に移し、“にほんのれきし”をテーマにバラエティー、ドラマ、情報、スポーツ、アニメと幅広いジャンルで放送する。「学び、笑い、楽しむ」がたっぷり詰まって完成されたエンターテインメントを追及、老若男女問わず家族みんなが一緒に楽しめる新しいカタチの長編特別番組となる。

◆「にほんのれきし博物館」に参戦

今回波瑠は『FNS27時間テレビ にほんのれきし』の全体を貫く縦軸の屋台骨となる企画「にほんのれきし博物館」に“タビビト”として参戦。ビートたけし、村上とともに、最強の旅仲間の3人となって「にほんのれきし博物館」を27時間かけて巡る。

波瑠は「素敵な出演者の皆様と一緒に歴史を学べるということでとても楽しみです!」と期待を寄せ、「日本の歴史に関しては知らないことばかりなので、今回楽しみながら改めて勉強できればと思っております。視聴者の皆さんが番組をより身近に感じられるお手伝いができたらうれしいです!」とコメントした。

◆“にほんのれきし”を見直していく

館長を務めるバカリズムが“考えてもみてください”と、誰も気にしなかった歴史の意外な発見を与えてくれるこの「にほんのれきし博物館」では、歴史上の出来事の中で“よく考えたらおかしいこと”を提言、その疑問から“実はこうだったんじゃないか”という妄想トークを交えながら“にほんのれきし”を見直していく。

2020年の東京オリンピックに向けてますます世界から注目される日本、この機会にその“おもてなしの国”日本をもっとよく知ろう!ということで、旧石器時代から現代まで、日本史を27時間かけてめぐる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】