【松井愛莉・岸谷五朗/モデルプレス=8月1日】1日、東京・品川ステラボールにて体験型エンターテイメント・フエルサ ブルータの最新作「WA!-Wonder Japan Experience-」が開幕。公演後、アンバサダーをつとめる俳優の岸谷五朗、大谷亮平、松井愛莉とアーティストのサンプラザ中野くんが報道陣の取材に応じた。

◆松井愛莉の願望が怪しい…

人間離れしたパフォーマンスが繰り広げられる今作にちなみ、超人的な力を手に入れられるとしたらどんな力がほしいかという話題に。岸谷から「こういうのはうちの愛莉がきちんと答えますから」と振られた松井は、考えた末「透明人間になりたいです」とコメント。

透明になって何をしたいのかと問われると、「透明になって影を消すのと…」サンプラザが「ちょっと待って!ちょっとエッチな話になりそうだぞ!」と制止。

松井は慌てて「違います!」と否定したが、岸谷も「透明人間になるって言ったら、エッチな話ばっかりでしょ(笑)」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

◆フエルサ ブルータとは…

アルゼンチン・ブエノスアイレスから誕生し、世界30カ国・60都市以上、500万人以上の観客を魅了するエンターテイメント「フエルサ ブルータ」は2014年に初来日。360度オールスタンディングの空間で、光と音、歌と踊り、さらに頭上には巨大な透明プールが出現するなど、常識と重力を超えた約70分間のパフォーマンスを体感できる。その最新作で世界初演となる「WA!-Wonder Japan Experience-」は“和風、 調和、 平和、 輪”など日本にインスパイアされた内容。「フエルサ ブルータ」の芸術監督で世界的演出家のディキ・ジェイムズ氏が自ら来日し、オーディションで逸材のパフォーマーを選出した。

◆岸谷五朗「もうクタクタです」

チーフアンバサダーをつとめる岸谷は、初日を鑑賞し「ブエノスアイレスでの稽古からずっと見ていたので、初日の感動はもちろんあるんですけど、一つひとつのブロックが成功するたびにホッとしたり、色んな気持ちになってもうクタクタです」と感無量の様子。

自身も舞台演出を手がけるだけに製作者目線で鑑賞していたそうで、「本当に良かったです、全部が上手くいっていた。日本であれだけのセットを組んで、それがケガ人もなく終われたということだけで大成功だと思っています」と賛辞を送った。

フエルサ ブルータ最新作「WA!-Wonder Japan Experience-」は8月1日から追加公演を含め12月10日まで同所で上演。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】