【AKB48/モデルプレス=8月2日】AKB48の49枚目のシングル「#好きなんだ」(30日発売)のMVとアートワークが2日、公開された。6月に沖縄で開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で3連覇を達成した指原莉乃がセンターを務め、総選挙で選ばれた16人の選抜メンバーが沖縄で撮影を行った。これを受け、指原が2日、同MVやジャケット写真の“エモい”(感慨深い)ポイントを自身のTwitterで語っている。

◆指原莉乃、MVに感慨

同曲はAKB48らしい王道夏曲に仕上がっており、グループが夏曲を発表するのは渡辺麻友がセンターを務めた「ラブラドール・レトリバー」以来3年ぶり。ロケは、悪天候のため無観客での開催となった選抜総選挙の地、沖縄。総選挙での悔しさを跳ね返すような晴天で行われた。

指原は、同MVのスタッフについて「監督えいきさん(高橋栄樹監督)×振り付けアンナさん(牧野アンナ氏)×衣装しのぶさん(茅野しのぶ氏)ってのがエモすぎるねえ。改めてみなさんのおかげです!ありがとうございました!」とし、感謝。

高橋監督は「言い訳 Maybe」や「ポニーテールとシュシュ」などのMVを手がけてグループの黄金期を支え、牧野氏は「大声ダイヤモンド」以降の振り付けを担当。また、茅野氏は初期からグループの衣装を担ってきた。実際に内容は「Thatʼs AKB48」感が溢れている仕上がりとなっている。

さらにMVでは渡辺麻友と多くのシーンを共にしていることから「まゆ選手との演技のシーン。選挙シングル以外でセンターに立ちたい!って思うことはないんだけど、いつかまゆ選手とWセンターやってみたいなって思ってたの。ちょっとだけ実現できたみたいで嬉しかった」と喜び、「新世代へと進んでいくAKBも好きだけど、、ぼんやりと悩んでた昔の自分にみせたいMVです」と“へたれ”時代を振り返り感慨に浸っている。

◆ジャケ写が黄色の理由は…

また、ジャケット写真のテーマが黄色の理由について「指原のファンさんがいつも黄色だからそれに合わせて黄色にしてくださったそうです」と明かしており、ファンとの絆も感じさせるポイントとなっている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】