【SKE48/モデルプレス=8月6日】4日から6日にかけてお台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」が開催中。3日目となる6日、SKE48が出演した。

◆サプライズ発表も

3年連続同イベント出演となるSKE48は、HOT SUMMERスタジアムのメインステージ「HOT STAGE」の最終日トップバッターに登場。

サマーチューン『パレオはエメラルド』で開幕すると、『賛成カワイイ!』『未来とは?』とアッパーチューンを立て続けに披露し、最終日のホットステージを一気に温め、江籠裕奈は「頭から靴を脱ぐくらい踊ってます」と激しいダンスゆえのハプニングを明かし、笑わせた。

中盤は一転、バラード『不器用太陽』、シリアスなダンスナンバー『世界が泣いているなら』とパフィーマンスし、振り幅を見せつけると、須田亜香里は「私たちのギャップ感じてくださいましたか?」とアピール。「ファンの方もそうじゃない方も『今のSKE面白そうじゃん』って思って頂けたらとっても嬉しいです」と呼びかけた。

そして、小畑優奈が単独センターを務めた最新シングル『意外にマンゴー』。最後はライブ定番の『バンザイVenus』で締めくくり、ステージを去ろうとした瞬間、スクリーンに「緊急発表」の文字が。9月24日、6月末にグループからの卒業を発表したばかりの大矢真那の卒業コンサートが日本ガイシホールにて行われることがサプライズ発表された。

しかし、大矢はこの日欠席。袖から突然登場すると、「今日名古屋でこの後(友だちの)結婚式があるんですけど、SKEの偉い人に絶対TIFの会場に来なさいと言われて…」とコメント。SKE48にとっては1年以上ぶりの日本ガイシホール、また、じゃんけん大会直前の開催となり、朗報に客席のファンもともに喜んでいた。

◆「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」

「TOKYO IDOL FESTIVAL(以下、TIF)」は、お台場、日本の夏の風物詩となっている世界最大のアイドルイベント。昨年に引き続き、ジャパニーズポップカルチャーである"アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOL PROJECT」が主催となり、人気アイドルが多数出演し、それぞれ最高のパフォーマンスを繰り広げる。

昨年は、3日間で300組のアイドルと延べ7万5千人超のアイドルファンを動員し、8回目となる2017年も勢いをそのままに3日間にわたって開催。ステージ数も過去最大の9ステージになり、昨年以上の盛り上がりと新しいコンテンツを展開する。

今年は始めて指原莉乃がチェアマンを務め、初日はSMILE GARDENの佐々木彩夏よりスタートし、メインステージのトリは私立恵比寿中学が飾った。2日目以降も欅坂46(欅坂46+けやき坂46)や、TIFの舞台で初お披露目となる指原のプロデュースによる=LOVEが登場。最終日はTIF初出演となる乃木坂463期生がヘッドライナーを飾る。(modelpress編集部)

■(ライブ)出演メンバー
江籠裕奈・大場美奈・小畑優奈・北川綾巴・北野瑠華・木本花音・熊崎晴香・ 後藤楽々・須田亜香里・惣田紗莉渚・高柳明音・竹内彩姫・日高優月・古畑奈和・松井珠理奈・矢作有紀奈

■セットリスト
1.パレオはエメラルド
2.賛成カワイイ!
3.未来とは?
4.不器用太陽
5.世界が泣いてるなら
6.意外にマンゴー
7.バンザイVenus

【Not Sponsored 記事】