【チーム8/モデルプレス=8月6日】4日から6日にかけてお台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」が開催中。3日目となる6日、AKB48チーム8より坂口渚沙、佐藤七海、岡部麟、小栗有以、歌田初夏、横道侑里、長久玲奈、永野芹佳、太田奈緒、山田菜々美、中野郁海、廣瀬なつき、倉野尾成美、谷口もか、下青木香鈴、宮里莉羅の16人が出演した。

◆TIF2年目

HOT SUMMERスタジアムのメインステージ「HOT STAGE」に登場。

『LOVEトリップ』『希望的リフレイン』『ファーストラビット』とAKB48のヒット曲を灼熱の太陽の下、日中の野外ステージで、パワフルにパフォーマンスしたチーム8。1人1人自己紹介を終えると、『365日の紙飛行機』を長のアコースティックギター演奏にのせ歌い、会場中にハーモニーを響かせた。

チーム8は同フェス参加は、昨年に引き続き2年目。佐藤は「昨年はほかのアイドルの方にすごく刺激をもらったので、今日は私たちが刺激を与えられるように」と意気込んだ。

AKB48の楽曲で構成した前半とは一変させ、後半は『制服の羽根』『思春期のアドレナリン』『47の素敵な街へ』とチーム8のオリジナル楽曲で構成。特にノリノリのダンスナンバー『思春期の〜』ではチーム8らしくフレッシュな魅力全開にステージを駆け回り、元気いっぱいに踊り、堂々としたステージとなった。

◆「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」

「TOKYO IDOL FESTIVAL(以下、TIF)」は、お台場、日本の夏の風物詩となっている世界最大のアイドルイベント。昨年に引き続き、ジャパニーズポップカルチャーである"アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOL PROJECT」が主催となり、人気アイドルが多数出演し、それぞれ最高のパフォーマンスを繰り広げる。

昨年は、3日間で300組のアイドルと延べ7万5千人超のアイドルファンを動員し、8回目となる2017年も勢いをそのままに3日間にわたって開催。ステージ数も過去最大の9ステージになり、昨年以上の盛り上がりと新しいコンテンツを展開する。

今年は始めて指原莉乃がチェアマンを務め、初日はSMILE GARDENの佐々木彩夏よりスタートし、メインステージのトリは私立恵比寿中学が飾った。2日目以降も欅坂46(欅坂46+けやき坂46)や、TIFの舞台で初お披露目となる指原のプロデュースによる=LOVEが登場。最終日はTIF初出演となる乃木坂463期生がヘッドライナーを飾る。(modelpress編集部)

■出演メンバー
北海道代表・坂口渚沙(サカグチ ナギサ)、岩手県代表・佐藤七海(サトウ ナナミ)、茨城県代表・岡部麟(オカベ リン)、東京都代表・小栗有以(オグリ ユイ)、愛知県代表・歌田初夏(ウタダ ハツカ)、静岡県代表・横道侑里(ヨコミチ ユリ)、福井県代表・長久玲奈(チョウ クレナ)、大阪府代表・永野芹佳(ナガノ セリカ)、京都府代表・太田奈緒(オオタ ナオ)、兵庫県代表・山田菜々美(ヤマダ ナナミ)、鳥取県代表・中野郁海(ナカノ イクミ)、高知県代表・廣瀬なつき(ヒロセ ナツキ)、熊本県代表・倉野尾成美(クラノオ ナルミ)、宮崎県代表・谷口もか(ヤグチ モカ)、鹿児島県代表・下青木香鈴(シモアオキ カリン)、沖縄県代表・宮里莉羅(ミヤザト リラ)

■セットリスト
1.LOVEトリップ
2.希望的リフレイン
3.ファーストラビット
4.365日の紙飛行機
5.制服の羽根
6.思春期のアドレナリン
7.47の素敵な街へ

【Not Sponsored 記事】